鉄道運転士の花束

鉄道運転士の花束

テツドウウンテンシノハナタバ
DNEVNIK MASINOVODJE

2019年8月17日(土)公開 / 上映時間:85分 / 製作:2016年(セルビア=クロアチア) / 配給:オンリー・ハーツ

(C)ZILLION FILM (C)INTERFILM

解説 『アンダーグラウンド』でも共演した、ラザル・リストフスキーとミリャナ・カラノヴィッチが再び共演した人間ドラマ。仕事中に事故で人を死なせてしまうことが避けられないとされる鉄道運転士の親子の姿をブラックな笑いとともに描く。監督と脚本を務めたのは、カンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞歴があるセルビアの俊英ミロシュ・ラドヴィッチ。

ストーリー 定年間近の鉄道運転士イリヤは、28人を仕事中の事故で死なせた不名誉な記録を持つ。彼の養子で19歳のシーマは父の跡を継ぐも、図らずも人を殺してしまう仕事を恐れていた。早く誰かを死なせた方が楽になると考えたイリヤは、息子のために一計を案じ……

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全9件)