海の音

海の音

ウミノオト

2019年公開(日本)

(C)スーパーサウルス

解説 子供ホスピスに焦点を当てたヒューマンドラマ。海辺のホスピスで一緒になった、余命宣告を受けた3人の少女たちの友情と別れ、彼女たちを見守る医師や家族の姿を描き出す。手がけたのは、これまで数多くのテレビのドキュメンタリー番組や映画を発表している坂口香津美。真摯な取材に基づいて作られた命の尊さと儚さを見つめた物語が深く心に響く。

ストーリー 15歳のあおいは小児がん患者。手術などの治療を繰り返してきたが、快方には向かわず、ついに医師から余命宣告を受ける。あおいと母の香澄は残された日々を子供ホスピスで過ごすと決心。ウミガメが産卵する浜辺のそばにある小児ホスピス“海の音“を訪れる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全1件)