映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

罪の手ざわり

罪の手ざわり

ツミノテザワリ
天注定

解説

中国の国際的な鬼才ジャ・ジャンクーが、ベネチア映画祭で金獅子賞を受賞した『長江哀歌』以来7年ぶりに手がけた長編映画。実際に起った4つの事件に基づき、急激に変ぼうを遂げる中国社会の中で、もがきながら懸命に生きる人々の葛藤を描く。カンヌ映画祭では見事に脚本賞を受賞。淡々とした中にも豊潤な味わいがある映像の美しさにも注目だ。

ストーリー

炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男、妻に出稼ぎと偽り犯罪を重ねる重慶の男、妻子ある男性との恋に悩む湖北省の女、クラブのダンサーに恋をした広東省の青年。ごく普通の生活をおくっていた彼らは、はずみで予想もしなかった罪を犯し……。

2014年5月31日(土)公開[R-15] / 上映時間:129分 / 製作:2013年(中国=日本) / 配給:ビターズ・エンド=オフィス北野

(C)2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー