蝉の女 愛に溺れて

蝉の女 愛に溺れて

セミノオンナアイニオボレテ

2012年9月22日(土)公開[R-15] / 上映時間:88分 / 製作:2012年(日本) / 配給:アルゴ・ピクチャーズ

(C)シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ

解説 『きらきらひかる』や『モリのアサガオ』などで知られる漫画家、郷田マモラの同名短編コミックを映画化。すべてを失った女性が、遊郭“蝉丸“で男の欲望にまみれながら、真実の愛を見つけていく姿を描くラブストーリー。監督を務めたのは、脚本家、演出家だけでなく『問題のない私たち』や『子猫の涙』など映画監督としても活躍する森岡利行。

ストーリー 千草は、数年前に母を脳溢血で亡くし、女にだらしない義父によって借金のカタに遊郭“蝉丸“に売り飛ばされた。千草はそこで客を取りながら次第に感情を閉ざしていった。そんなある時、千草が学生時代に初恋をした青年・中川が客としてやってくる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)