DRAGON BALL Z 神と神

DRAGON BALL Z 神と神

ドラゴンボールゼットカミトカミ

2013年3月30日(土)公開 / 上映時間:85分 / 製作:2013年(日本) / 配給:東映

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013ドラゴンボールZ」製作委員会

解説 コミックやアニメで一世を風靡した『ドラゴンボール』の最新長編アニメーション。TVシリーズの『ドラゴンボールZ』と『ドラゴンボールGT』の間の10年の空白期間で起きていた物語を新たに創造。原作者の鳥山明が、みずから脚本段階で制作に参入し、知られざるエピソードを明かす。クリリンやピッコロら、おなじみのキャラも総登場。

ストーリー 全宇宙のバランスを保つ破壊の神、ビルスが長き眠りから目覚めた。ビルスは、フリーザを倒したサイヤ人の噂を聞きつけて、孫悟空の前に現れる。久しぶりの強敵の飛来に心躍らせる悟空だったが、ビルスの持つ圧倒的戦闘力の前になす術なく、負けてしまい……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全21件)