信さん・炭坑町のセレナーデ

信さん・炭坑町のセレナーデ

シンサンタンコウマチノセレナーデ

2010年11月27日(土)公開 / 上映時間:108分 / 製作:2010年(日本) / 配給:ゴールドラッシュ・ピクチャーズ

(C)2010 「信さん・炭坑町のセレナーデ」製作委員会

解説 『必死剣鳥刺し』の平山秀幸監督の新作が到着。昭和38年の福岡の炭坑町を舞台に、街で厄介者のように扱われている少年が、息子と共に帰郷した若い母親に抱いた淡い恋心の行方を、じっくりとあぶり出していく。脚本は『愛を乞うひと』などで組んでいる鄭義信。小雪をはじめ、池松壮亮、石田卓也ら演技派が揃い、胸を締めつけられるような切ない物語を体現する。

ストーリー 昭和38年、美智代は故郷、福岡の炭坑町に小学生の息子・守と共に帰って来た。転校生、守の窮地を救った暴れん坊の少年・信さんは、感謝する美智代に優しくされたことから、彼女にほのかな想いを抱くようになり……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)