映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウイグルからきた少年

ウイグルからきた少年

ウイグルカラキタショウネン

解説

第2次大戦後。国家を失ったウイグル民族の少年、カザフスタンの裕福な家庭に暮らす少年、街娼として生きる少女ら3人の姿を見つめた社会派ドラマ。現役自衛官である監督・佐野伸寿の、カザフスタンに滞在していた経験も基となっている。「忘れ去られてしまいかねないウイグル民族の存在を知ってもらいたい」という彼の思いが感じられる1作だ。

ストーリー

両親が不当に逮捕され、中国からカザフスタンへ逃げて来た少年アユブ。裕福な家庭に育ったカザフ人の少年カエサルは、憂鬱と退屈な日々を送り、ロシア人のマーシャは、家を飛び出し、街娼として生きていた。

2009年10月3日(土)公開 / 上映時間:65分 / 製作:2008年(日本=ロシア=カザフスタン) / 配給:アップリンク

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー