伊藤の話

イトウノハナシ

2008年4月26日(土)公開 / 上映時間:74分 / 製作:2008年(日本) / 配給:カエルカフェ

解説 『五重塔』や『白椿』など、過去の文学作品を映画化する“新感覚ブンガク映画シリーズ“の最新作。今回は小泉八雲の小説『伊藤則資の話』を、舞台を現代に置き換えて映画化。赴任した大学の美人助手と、どこからか現れた美しい妖精の間で揺れる男を温水洋一が演じている。共演は『アコークロー』の田丸麻紀と、ドラマ『花より男子』の加藤夏希。

ストーリー 八戸大学に赴任した伊藤は、前任の教授が失踪したと知り、事件のカギを握る女性がいる久慈市へ出向くが事態は進展しない。その帰り道、彼は時代錯誤な言葉を話す少年に導かれるまま、ある屋敷へと足を踏み入れ……

情報提供:ぴあ