映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

真救世主伝説 北斗の拳/ラオウ伝 激闘の章

真救世主伝説 北斗の拳/ラオウ伝 激闘の章

シンキュウセイシュデンセツホクトノケンラオウデンゲキトウノショウ

解説

20年以上前に「週刊少年ジャンプ」誌上で連載され、いまだに圧倒的人気を誇る「北斗の拳」、その最大のクライマックスの物語となる劇場アニメ版。兄弟でありながら、闘わねばならない宿命を背負ったラオウとケンシロウの、哀しくも美しい闘いを描く。ラオウの一番の名言として知られる「我が生涯に、一片の悔いなし!」のセリフに大興奮間違いなし!

ストーリー

核戦争後の荒れ果てた世界にひとりの救世主が現れる。彼の名はケンシロウ。一子相伝・北斗神拳の伝承者である彼は、弱き者たちのために戦い続けるが、一方、自らを“拳王“と名乗るラオウは、暴力と恐怖で民衆を支配していた。

2007年4月28日(土)公開[PG-12] / 上映時間:90分 / 製作:2007年(日本) / 配給:デスペラード

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983(C)NSP 2007

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー