映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉祥天女

吉祥天女

キッショウテンニョ

解説

『BANANA FISH』をはじめ、数々の傑作漫画を生み出した吉田秋生の人気作『吉祥天女』を、同じ吉田作品『ラヴァーズ・キス』をかつて手がけた及川中監督が映画化。代々天女の血を引く旧家に生まれ、人々を引きつける不思議な魅力を持つ少女・小夜子が、自らに課せられた血の呪縛を解くべく強く生きる様を描く。鈴木杏がこれまでのイメージを覆す妖艶な少女役を熱演。

ストーリー

幼い頃から親戚の家で暮らしていた叶家の娘・小夜子が、12年ぶりに金沢の実家に戻ってくる。高校で同じクラスとなった由似子はその不思議な魅力を持つ彼女に憧れるように。叶家と対立する遠野家の暁と涼も、その魅力に惹かれてゆくが……。

2007年6月30日(土)公開[PG-12] / 上映時間:116分 / 製作:2007年(日本) / 配給:キュービカル・エンタテインメント

(C)2006吉田秋生・小学館/『吉祥天女』製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー