アルゼンチンババア

アルゼンチンババア

アルゼンチンババア

2007年3月24日(土)公開 / 上映時間:112分 / 製作:2006年(日本) / 配給:松竹=キネティック

(C)2006「アルゼンチンババア」製作委員会

解説 人気作家・吉本ばななの傑作小説を、『鉄塔武蔵野線』の長尾直樹監督が映画化。町外れに住む風変わりな女性“アルゼンチンババア“とのふれあいを通して、哀しみを乗り越え再生していく父娘の姿をファンタジックに描き出す。鈴木京香の“ババア“メイクもさることながら、人生最大の局面に立ち向かう少女を健気に演じる堀北真希の爽やかな存在感は必見だ。

ストーリー 大好きだった母を亡くし、さらにその日以来、失踪した父を半年間待ち続けるみつこ。そんな彼女の元に父の居場所がわかったとの報せが届く。だが父が暮らしていたのは、町の人々に“アルゼンチンババア“と嘲られていたユリの家だった!

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全5件)