浮草日記

ウキクサニッキ

上映時間:106分 / 製作:1955年(日本) / 配給:山本プロ=俳優座

解説 悪興行師にあって貧乏のどん底に落ちた旅回りの市川馬五郎一座。解散の一歩手前、炭鉱町に乗り込んで座員の必死の呼び込みが功を奏し、小屋は久々に満員となる。しかし炭鉱町はストに入り、興行師はドサクサに紛れて売上金を持ち逃げ、一座は組合と対立することになるが……。底辺に生きる人々を描くのがお得意の山本監督の野心作。

情報提供:ぴあ