ベロニカは死ぬことにした

ベロニカは死ぬことにした

ベロニカハシヌコトニシタ

2006年2月4日(土)公開[R-15] / 上映時間:107分 / 製作:2005年(日本) / 配給:角川映画=エンジェル・シネマ=フィルム・コミッティ・ベロニカ

(C)2005フィルム・コミッティ・ベロニカ

解説 『パッチギ!』のヤンキー美女、真木よう子の初主演作。パウロ・コエーリョの同名小説の舞台を日本に置き換え、ひとりの女性のファンタジックな再生の旅をドラマチックに描き出す。生死の境目で一筋の活力をつかみとっていくヒロインを、真木はヌードも辞さぬ凛としたたたずまいで熱演。

ストーリー 自殺を図ったトワ。サナトリウムに収容された彼女は、精神病ではないと言い張り苛立ちながらも、やがて周囲の患者たちに影響されていく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)