ラマン

ラマン

ラマン

2005年2月5日(土)公開 / 上映時間:92分 / 製作:2004年(日本) / 配給:スローラーナー=ハピネット・ピクチャーズ

解説 『ヴァイブレータ』の廣木隆一が、やまだないとの同名漫画を映画化。自分の中にある不安を消し去るために、男3人の愛人となった17歳の少女の1年間を官能的に描く。田口トモロヲ、大杉漣、村上淳という、個性派陣を相手に大胆なラブ・シーンに挑んだ安藤希が、繊細に揺れ動く乙女心を表現。

ストーリー 17歳の少女が、3人の男たちと1年間の愛人契約を結ぶ。身体だけの関係を続けるうち、彼女は次第に彼らの中の哀しみを知ることになる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全1件)