悲愁物語

ヒシュウモノガタリ

上映時間:93分 / 製作:1977年(日本) / 配給:松竹=三協映画

解説 異才・鈴木清順が、“わけのわからない映画を撮る監督はいらない“と日活を追い出されて以来、実に10年振りにスクリーンに復活した作品。しかし、一般の客のみならず、鈴木清順復活を待ち望んでいたファンの頭をもかしげさせるような、いわゆる“失敗作“の烙印を押されてしまい、興行的にも惨胆たるものであった。CFのモデルとしてデビューし、成功の道を駆け上がっていく女子プロゴルファーの栄光と破滅を描いた、故・梶原一騎原作による物語。ガラスを使ったり、原色を多く用いたセットには、10年の隔たりを感じさせない清順美学が貫かれている。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:鈴木清順
音楽:三保敬太郎

キャスト

古沢ディレクター:和田浩治
岡田真澄
桜庭れい子:白木葉子
三宅精一:原田芳雄
刑事:宍戸錠
ファン:野呂圭介
仙波道造:小池朝雄