ラウンド・ミッドナイト

ラウンド・ミッドナイト

ラウンドミッドナイト
AUTOUR DE MINUIT/'ROUND MIDNIGHT

製作:1986年(仏=米)

解説 天才ジャズ・ピアニストとうたわれたバド・パウエルと、サックス奏者レスター・ヤングのキャラクターと実話に想を得て、B・タヴェルニエ監督が脚色した作品。1959年。ニューヨークからパリのジャズクラブ“ブルーノート“にサックス奏者デイル・ターナーがやって来た。酒とドラッグに溺れたデイルだが、その演奏は人々の心を感動させずにはおかなかった。ある雨の夜、貧しいがゆえに、クラブの扉の外で彼の演奏に聴き入っていたフランシスは、その演奏に感動し、デイルこそ“神の声“を伝えるアーティストだと確信する。やがてデイルにふと声をかけられたフランシスは彼の支えとなり、酒とドラッグの生活から脱出させようと心血を注ぐが……。忠実に再現された“ブルーノート“と、そこで演奏されるジャズが聴きもの。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、フレディ・ハバート、ロン・カーターほか一流アーティストの特別出演、演奏も話題を呼んだ。独特の色調による映像が美しい。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)