お祭り半次郎

オマツリハンジロウ

製作:1953年(日本) / 配給:東宝

解説 港町の祭りに集まる様々な芸人や商人たち、今年はその中に新入りの半次郎がいた。彼は侍の家の出だが、奉納試合で伊太八の眼を潰したことから家を飛び出し、竹刀で自分の頭を叩かせる一文叩きの商売をしていた。ある日、祭りに伊太八が現れ、無抵抗の半次郎を思う存分打ち続けた。人情時代劇作品で、脚本の藤木弓は稲垣監督のペンネームである。

情報提供:ぴあ