アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」 PR

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」 第1回 三上哲×天﨑滉平インタビュー|力を抜きながら、込めながら よき先輩後輩の2人が生み出す新たなバディ

オリジナルアニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」のオンエアと配信が、9月30日にスタートした。同作は掴みどころのないベテラン刑事のダグと、やる気だけはある残念な新米刑事キリルの2人を中心に描かれるバディものだ。

コミックナタリーでは「DOUBLE DECKER!」の放送と配信を記念し、複数回にわたる連載企画を展開。第1回ではダグ役の三上哲、キリル役の天﨑滉平の主役2人による対談をお届けする。「紳士な先輩」「かわいい後輩」と実際にもよき先輩後輩の関係である2人が、それぞれ演じるキャラクターについて、お互いの印象について、和やかなムードの中語ってくれた。

取材・文 / 熊瀬哲子 撮影 / 入江達也

俺に合ってると思うんだけどなあ……!(三上)

──第1話を拝見させていただきましたが、アニメ化が発表されたときに想像していた内容よりも、コミカルな印象を受けました(参照:「タイバニ」スタッフが集結した新作バディ刑事アニメ、主演は三上哲&天崎滉平)。

三上哲 僕も、最初に拝見した設定の印象からハードボイルドなテイストの物語を想像していたんですけど、第1話の台本を読んでみたら思っていたよりもギャグ要素があるなと。上田燿司さんの語りが入ることにより、そのバカバカしさが余計煽られる感じになっていて、すごく面白いなあと思いました。

天﨑滉平 この作品ってシリアスな要素もギャグ要素もありますけど、どちらか一辺倒にならないところがいいなあと思っていて。基本となるシリアスなストーリーの中に、ウィットに富んだ表現がうまく混ざり合っていて、海外ドラマを観ている感覚に近い気がするなと思いました。

──三上さんはイギリスの俳優ベネディクト・カンバーバッチの吹き替えを担当されるなど、「SHERLOCK」をはじめとする海外ドラマの吹き替えを多数務められていますが、その感覚はわかりますか?

三上 そうですね。笑いがあって、アクションがあって、ポンポンポンっとスピーディに物語が展開されていくのは、海外ドラマのテンポ感に近いものがある気がします。カット数も一般的なアニメに比べたら多い気がするけど、台本もアニメ作品としては分厚いほうなのかな?

天﨑 分厚いほうだと思います。

三上 そうだよね。あとは、実写ではなくアニメでしかできない表現っていうのもあると思うんですけど、それが「ダブデカ」にも随所にちりばめられているなと。海外ドラマのいいところを取り込みつつ、日本のアニメーションでしかできない表現をやっていると思いました。

──おふたりとも今作の出演にあたりオーディションを受けられたんですよね。オーディションのお話があったときはどんな印象をお持ちになりましたか?

天﨑 僕はこの作品に「TIGER & BUNNY」のスタッフの方々が関わられているというのを聞いて、もともと「タイバニ」をイチ視聴者として好きだったのもあったので、「受かりてえ……!」と思ったのが素直な第一印象でした(笑)。あと、タイトルが面白いなと。最初は「ダブルデッカー」ってなんなんだろう?というのが気になって、ネットで調べてみたら……。

三上 調べるとね。

天﨑 あっ、三上さんも調べました?

三上 2階建てのバスが出てくるんだよね。

アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」より。

天﨑 そうなんです、2階建てのバスの画像がたくさん出てくるんですよ(笑)。

三上 最初はこの作品がオリジナルアニメなのか、原作がある作品なのかがわからなかったから、まずはタイトルで検索しようと思ったんです。そうしたらバスの画像ばっかり出てきたから、「あれっ?」って(笑)。

天﨑 あはは、わかります(笑)。

三上 僕はアニメのオーディションを受けること自体あまりないんですけど、たまに声をかけていただいても結果はダメだったということが多くて。「ダブデカ」のお話をいただいたときも「今回はどうかな?」と思いつつ、いただいた資料やダグのセリフを読んでいくうちに「あっ、この役やりたい……!」と思うようになって。むしろ「これ、やるとしたら俺じゃね?」と思うくらいにシンパシーを感じて(笑)。

天﨑 ふふふ(笑)。

三上 ダグのセリフもすごく好きだったし、そこに込められている気持ちも理解できたし、ダグという人間をイメージしやすかったんです。自分が演じているところも想像できる感じがあって。だからオーディションも「ダメかもなあ……」と思いながらも、「でも、やりたいなあ!」「俺に合ってると思うんだけどなあ……!」という気持ちでいて。だから役が決まったときはすごくうれしかったですね。

天﨑 僕は主役に決まった初めての作品が「DOUBLE DECKER!」だったんです。だから決まったときは震えるくらいうれしかったんですけど、その「決まった」という連絡をマネージャーさんからいただいたときが、ちょうど外出中だったので、喜び方がとても難しくて。

三上 あはは(笑)。

天﨑 それこそ第1話のキリルみたいに「っしゃー!」ってガッツポーズで喜びたかったんですけど、それができず「(噛みしめるように)うう、うう……!」みたいな感じで(笑)。ニヤニヤしながら街を歩いていたのを覚えています。

キリルはダグと対等になりたいと思っている(天﨑)

三上哲 アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」より、ダグ(CV:三上哲)。

──ご自身が演じられているキャラクターについて、おふたりはどんな印象をお持ちですか。

三上 ダグはカッコいいですよね。

天﨑 カッコいいです!

三上 そんな役を演じられるなんて、うれしい(笑)。でも、ただカッコいいだけではなく、ちょっとダラっとしているところもあって、いわゆるヒーローらしくずっとキメているわけではないところが、演じていて楽しいキャラクターですね。自分でも演じるときはリラックスして力を抜くようにしています。最初はもっとつっけんどんというか、ぶっきらぼうなキャラクターなのかなと思っていたんですが、音響監督から「そこのセリフはもっと優しく」という指示をいただいて、思っていたよりも優しくセリフを発していいキャラクターなんだというのは、収録が始まってから感じました。

天﨑 キリルはものすっごくピュアなんです(笑)。僕の想像ではもう少しいろいろなことをわかったうえで行動する子なのかなと思っていたんですけど、現場に入ってスタッフの方からアドバイスをいただく中で、本当にまっすぐでピュアな子なんだなということがわかって(笑)。だからこそ目の前で起こっていることをシンプルに受け止めて、困っている人がいたら放っておくことができない。周りからするとちょっとおバカに見えると思うんですけど、根っから真面目でいい子なんだなって思います。

三上 すべてに一生懸命だよね。

天﨑 そうなんですよね。あと、僕自身はあんまり言葉遣いが乱暴になることはないんですけど、キリルは結構口が悪いので、普段言ったことがない言葉を言えるのが楽しかったです。例えば「ババア!」とか、現実では言わないので。

三上 言ったら大変だもんね(笑)。

天﨑 ホントに(笑)。でもそれも、そういうふうに言っても許してもらえる関係性が周りとできていたり、キリルだからこそ周りが許しているんだろうなとも思っていて。そういうキリルの人柄もいいところだなと思います。

──三上さんから見て、キリルというキャラクターはいかがですか?

三上 かわいいですね。

天﨑 (笑)。

三上 言ってしまえば「愛すべきバカ」みたいな感じですよね(笑)。ダグもキリルのことを子供扱いしているように見えるかもしれないけど、どこかしらシンパシーは感じているのかなと思います。

天﨑滉平 アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」より、キリル(CV:天﨑滉平)。

天﨑 ダグからすると、後輩であり新人ですから、キリルに対しては親心とかお兄さん心みたいなものがあるかもしれないんですけど、たぶんキリルのほうはダグと対等になりたいというか、「相棒なんだから」って背伸びをしそうなイメージがあります。

三上 子供扱いされたら「ふざけんなよ!」って怒りそうだよね。

天﨑 「おい! 相棒だろ!」って言いそうですよね。今後2人はいろいろな事件に触れていくことになると思うんですが、そんな中で、普段はやる気がないように感じられるダグが、どんな顔を見せてくれるのか。「ダグは今何を考えて行動してるんだろう」って、キリルはすごく気になると思いますし、僕自身も台本を読み進めていく中で、ダグがどんな人間なのかっていうのは、キリルと一緒に毎回気になっているところではあります。

三上 俺も気になってる(笑)。

天﨑 そうですよね! 三上さん自身もそう感じてますよね(笑)。

三上 ダグを演じるうえで、経験を重ねてきた大人の魅力というのも出せられたらいいなと思いますね。

──バディを描く作品は国内外問わずたくさんありますし、人気のあるジャンルだと思いますが、おふたりはバディものの作品にどんな魅力を感じますか?

三上 海外の作品だとそれこそ「SHERLOCK」だったり、日本で有名な作品だと「あぶない刑事」だったり、昔は「(噂の刑事)トミーとマツ」なんていう作品もありましたね。バディものは、主人公の2人が、それぞれ完璧な人間ではないけれど、お互いがお互いの足りない部分を補い合うことで魅力が増すのかなと思っていて。ダグとキリルにもそういう関係性を期待したいですよね。

アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」より。

天﨑 1人の人間だけでは描けない魅力を、2人の人間でなら発信することができる。「ダブデカ」の場合もそうですけど、個々にもちゃんと個性があるから、2人になったときに出てくる魅力というものが、1人のときとはまた違ったものになるし、パワーも増す。そりゃあみんなバディものが好きになるよねって、人気があるジャンルなのも頷けます。

三上 でもそんな2人もときどきケンカしちゃって、視聴者の方がやきもきすることもあるかもしれない。そこからパッと力が合わさったときのカタルシスもあったりするだろうし、バラバラなものが1つになるときの面白さもあるだろうし。そういう楽しみ方もバディものにはあるのかなって思いますね。