ステージナタリー Power Push - 上田誠×角田貴志が語る「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」

ゲームを愛するヨーロッパ企画の2人が紐解く“引っ張って離す”モンストの魅力

スマートフォン用アプリ「モンスターストライク」をもとにした劇場版アニメーション「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」が、12月10日に全国公開される。ナタリーではこれを記念して、さまざまな角度から映画を紐解く、横断企画を展開中だ。

ステージナタリーでは演劇界きってのゲーム好き劇団、ヨーロッパ企画の代表・上田誠と、そのメンバーで「タクシードライバー祗園太郎」のキャラクターデザインも手がける角田貴志の2人に本作について聞いた。

取材 / 熊井玲 文 / 北村恵 撮影 / 川野結李歌

みんな何かしらのゲームをやってる

──ヨーロッパ企画の皆さんはやはりゲームがお好きなんですか?

上田誠 劇団にしてはすごく好きなほうだと思います。

角田貴志

角田貴志 確かに。みんな何かしらのゲームをやってる気がしますね。スマホに限らず、それこそ将棋好きがいたり、麻雀好きがいたりとか。

上田 僕はもともとMSXってパソコンでゲームを作っていて、なぜか演劇に来たっていう感じなので。それくらいゲームは好きです。

──ではモンストをやったことは?

角田 僕は2、3年前からやってます。しばらく触ってなかったんですけど、久しぶりに開いたらむっちゃ進化しててびっくりしました。

上田 僕はまず、スマホを持ってないです……。

──そうなんですか? 上田さんはハイテクかと思いきや。

上田誠

上田 そうなんです。この間ガラケーからガラホ(テンキー付きのスマートフォン)に変えたばっかりで。

──ではモンストの存在は?

上田 いや、もちろん知ってます! メンバーがやってるのを遠目から見てたスタンスです。

──じゃあヨーロッパ企画の中ではプレイしてるメンバーが何人かいらっしゃるんですね。

角田 役者で言うと、西村(直子)と僕。あと黒木(正浩)さんという年長の人が一番やってるんで、僕らは師匠として、わからんことがあったら聞いてます。

モンスターストライクとはこういうことか

──モンストプレイヤーの角田さん、未体験の上田さん、それぞれの立場から見て、「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」はいかがでしたか?

「モンスターストライク THE MOVIE  はじまりの場所へ」より。

角田 こんなにドラマがある映画だと思わなかったですね。モンスターのバトル物やと勝手に思い込んでいたら、予想以上にいい話だったんで驚きました。

上田 冒険物でね。

角田 そう、冒険物のロードムービー。父子の関係がここまでクローズアップされてるとは思わなかったです。

──上田さんは?

上田 背景をほぼ知らない状態で観たので、ドキドキしてたんですけど、面白かったです。最後のバトルに次ぐバトルがあるじゃないですか?「モンスターストライクとはこういうことか」と思いました(笑)。気持ちよかったです。ものすごい古い話をしますけれど、僕、昔ビックリマンのシールが好きで、小学生のときに劇場アニメ版を観に行ったんです。シールで見てたものが、実際に動くってすごいワクワクするんですよ。この映画を観てそのワクワク感がよみがえった感じがあります。あとゲームをやる場面も多かったので、「近頃はこういうふうにしてゲームやるんや」って思いました。僕はゲームを家でやる派だったんですけど、今はたぶんそうじゃないですよね?

上田誠

角田 そうですね。それこそモンストはチームプレイがあるんで。知らん人でも、今日初めましての人でも、何かの話題で「モンストやってる」ってなったら集まってやったりします。

上田 そうですよね。……人には“共通の思い出の場所”ってあるじゃないですか。「渋谷のどこそこ」みたいな青春時代を過ごした場所。僕の場合は「スーパーマリオ(ブラザーズ)」の、あの「1─1」のステージなんですよ。現実の場所じゃないんですけど「みんなあそこに集まった」みたいな。時代は変われど、きっとそういうことですよね。仮想空間の中で集まって遊ぶっていう体験が僕にもあるので、モンストをやってない身でもこの映画を観てワクワクしました。やってる方からしたら、なおさら楽しめるかなと。

CONTENTS INDEX
特集トップ・作品紹介
ジャングルポケット 斉藤慎二
ヨーロッパ企画 上田誠&角田貴志
スタジオジブリ 鈴木敏夫
超特急 リョウガ&ユーキ
大久保篤
映画「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」2016年12月10日(土)公開
「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」

小学4年生の焔レンは、3人のチームメイトとともにゲーム「モンスト」の開発に協力していた。ある日レンたちは研究所の地下で、現実世界にいるはずのないドラゴンを目撃する。弱っているドラゴンをもとの世界に戻すため、“ゲート”を目指し旅に出ることになった4人。その目的地は、かつてレンの父が失踪した場所でもあった。身勝手なレンはチームの輪を乱し仲間と衝突するが、徐々に自分が1人で生きているわけではないことに気付いていく。

スタッフ

監督:江崎慎平
脚本:岸本卓
ストーリー構成:イシイジロウ、加藤陽一
キャラクターデザイン原案:岩元辰郎
モンスターデザイン原案:近藤雅之
キャラクターデザイン・総作画監督:金子志津枝
美術監督:加藤浩、坂上裕文
色彩設計:大西峰代
チーフCGIディレクター:福島涼太
CG演出:川原智弘
音響監督:明田川仁
音楽:MONACA
撮影監督:野村竜矢
編集:長谷川舞
制作:ライデンフィルム、ウルトラスーパーピクチャーズ、XFLAG PICTURES
製作:XFLAG
配給:ワーナー・ブラザース映画

キャスト

焔レン:坂本真綾(小学生時代)/ 小林裕介(中学生時代)
水澤葵:Lynn
神倶土春馬:村中知
若葉皆実:木村珠莉
影月明:河西健吾
石橋健太郎:北大路欣也
オルタナティブドラゴン:福島潤
アーサー:水樹奈々
ゲノム:山寺宏一
エポカ:水瀬いのり

主題歌

ナオト・インティライミ「夢のありか」

上田誠(ウエダマコト)
上田誠

1979年11月4日生まれ、京都府出身。ヨーロッパ企画の代表であり、すべての本公演の脚本・演出を担当。外部の舞台や、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手がける。2003年以降、OMS戯曲賞にて「冬のユリゲラー」「囲むフォーメーション」「平凡なウェーイ」「Windows5000」がそれぞれ最終候補に。2010年、構成と脚本で参加したテレビアニメ「四畳半神話大系」が、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞受賞した。

角田貴志(スミタタカシ)
角田貴志

1978年3月2日生まれ、大阪府出身。2004年、第16回公演よりヨーロッパ企画に参加。以降、ほとんどの本公演に出演。ラジオ番組の構成も務める。また、イラストやアートワークを得意とし、書籍の表紙絵や、DVDのジャケットイラストなども手がける。「タクシードライバー祗園太郎」「銀河銭湯パンタくん」では、脚本やキャラクターデザインも担当。「煙どろん」というペンネームで、マンガも発表している。