お笑いナタリー

家族の温かさ描く鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」舞台化、長野と東京で

60

鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」が舞台化される。

2013年発表の「家族のはなし」は、長野出身の鉄拳が地元の地方紙・信濃毎日新聞社の創刊140周年を記念し、「新聞というメディアの意義や家族の大切さを問いかける作品を提供したい」という思いで制作した作品。長野出身の主人公が東京でミュージシャンを目指すも挫折し、そこから家族の温かさを再発見していくストーリーが描かれた。

舞台「家族のはなし」は、来年2018年5月3日(木)と翌4日(金・祝) に長野・サントミューゼ、5月9日(水)から5月13日(日)まで東京・IMAホールで上演される。今年中に出演者オーディションも開催される予定だ。

舞台「家族のはなし」

●長野公演
日程:2018年5月3日(木)、5月4日(金・祝)
会場:サントミューゼ

●東京公演
日程:2018年5月9日(水)~5月13日(日)
会場:IMAホール

お笑いナタリーをフォロー