お笑いナタリー

「今年は貪欲に地方を」東京ポッド許可局のジャパンツアー開催決定

316

マキタスポーツプチ鹿島サンキュータツオがツアーイベント「東京ポッド許可局2017ジャパンツアー」を開催。4月8日(土)の愛媛公演を皮切りに北海道、福岡、愛知、東京の5都市を巡る。

「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)は、マキタスポーツら3人が出演するラジオ番組。毎年イベントを行っており、昨年9月の「大東京ポッド許可局2016」では番組の人気コーナーを大勢の観客の前で展開した。

今回、ツアー形式でイベントが開かれることになった理由をサンキュータツオは「都内では大きい劇場が改装などでなくなってしまい、借りられませんでした。東京はすでにエンタメ砂漠です。なので、今年は貪欲に地方をまわります」と説明。果たして3人は全国各地でどんなライブを繰り広げるのか、番組ファンはぜひ会場で確かめよう。

チケット情報などの詳細は「東京ポッド許可局」のオフィシャルサイトやTwitterアカウントで確認を。

マキタスポーツ コメント

テレビは「話の通じない多数に向けた“別人”メディア」です。一方、ラジオは「話の通じる相手に向けた“同人”メディア」です。東京ポッド許可局では、リスナーのことを「局員」と呼びます。局員という同人が世間にはまだまだ沢山いるはずです。そんなことをポッドキャスト時代から数えて小10年、ひしひしと感じます。
次世代のラジオの可能性は許可局が握っています! 四十代だけど。
とまぁ、そんな心意気で、僭越ながら各地へ“お圧力”をかけに参ります。テヘ▽

(▽=ハートマーク)

プチ鹿島 コメント

アントニオ猪木30周年メモリアル大会のメイン終了後、初めて猪木とタッグを組んだタイガー・ジェット・シンは「私はアントニオとタッグチームをいつまでもいつまでも組みたい」と言い、「ナゴヤ、サッポロ、オオサカ」と叫びました。私はそれ以来全国ツアーに憧れていました。今回それが実現します。

エヒメ、サッポロ、フクオカ、ナゴヤ、トウキョウ。全国の局員たちといつまでもいつまでもしゃべりたい。

サンキュータツオ コメント

・東京ポッド許可局は、クラウドファンディングのような形で、お客さんからイベントで直接お金を使ってもらい、収益を制作費に回している番組です。ラジオから、日本の娯楽ビジネスのあり方を変えようとしています。ぜひ見届けにきてください。

・都内では大きい劇場が改装などでなくなってしまい、借りられませんでした。東京はすでにエンタメ砂漠です。なので、今年は貪欲に地方をまわります。各地方でおいしいものを食べれられるのを楽しみにしています。

東京ポッド許可局2017ジャパンツアー

料金:4000円
出演:マキタスポーツ / プチ鹿島 / サンキュータツオ

●愛媛公演
日時:2017年4月8日(土)13:30開場 14:00開演
会場:松山市民会館 中ホール

●北海道公演
日時:2017年6月3日(土)13:30開場 14:00開演
会場:かでるホール

●福岡公演
日時:2017年7月23日(日)13:30開場 14:00開演
会場:大濠公園能楽堂

●愛知公演
日時:2017年8月5日(土)13:30開場 14:00開演
会場:デザインホール

●東京公演
日時:2017年9月16日(土)14:30開場 15:00開演
会場:よみうりホール

お笑いナタリーをフォロー