音楽ナタリー PowerPush - サニーデイ・サービス

再結成後に3人が気付いたこと

サニーデイ・サービスが通算9枚目のオリジナルアルバム「Sunny」をリリースした。2008年の再結成後、マイペースで活動を続ける彼らが4年半ぶりに完成させた新作は、みずみずしい“サニーデイサウンド”に満ちた意欲作。この作品の成り立ちとバンドの魅力について、メンバー3人に話を聞いた。

取材・文 / 大山卓也 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

サニーデイ・サービス=実家

──2008年夏の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で再結成してから、早いものでもう6年ですね。

サニーデイ・サービス

曽我部恵一(Vo, G) そっか、もうそんなに。

──今のサニーデイ・サービスは3人にとってどういう位置付けなんですか?

田中貴(B) やっぱりここがメインだと思ってます。動かない間にいろいろほかの活動もやってますけど。

丸山晴茂(Dr) ラーメンとか?

田中 まあラーメンも若干仕事にはなってるけどね(笑)。まあでもほかのバンドとかで呼ばれて弾くのとサニーデイでは、やっぱり気持ちが違うとこはあるから。

曽我部 俺はあんまりそこは考えてないかな。3人で集まって音出したらサニーデイですっていうだけの話。もうそれだけ。自分の人生のすべてをそこにつぎ込んでるっていうわけでもないし、もっと自然に、たまに実家帰って、家族で集まってメシ食うみたいなことだと思ってる。

──バンドを家族に例えるのは、ここが自分のキャリアをスタートさせたホームだという意識があるからでしょうか?

曽我部 うん、それはあるよね。一旦離れて、今みたいなペースで活動するようになってすごくよくわかった。たまに実家に帰って「最近どうなの?」みたいな。

──丸山さんはどうですか?

丸山 僕はこれしかやってないんで……。

曽我部 実家に引きこもってる感じだよね。

丸山 あはは(笑)。

曽我部恵一(Vo, G)

曽我部 だから「サニーデイもっとやりたい」っていうのは晴茂くんが一番強いかもね。今回レコーディングしようっていう話も、晴茂くんが言い始めたことだし。

丸山 そうだっけ?

曽我部 うん、「そろそろ集まってやんない?」みたいな。

丸山 ただ単に暇だったんだろうね(笑)。

──「音楽がやりたい」とか「ドラムが叩きたい」じゃなく、「サニーデイがやりたい」みたいな感じなんですか?

丸山 そうですね。それが強いかもしれない。まあ、ほかのバンドでやってみたいって思っても、誰も呼んでくれないんですけど(笑)。

音がズレてもかまわない

──この3人で集まって音を出すときの、特別な感覚みたいなものはありますか?

曽我部 うん、サニーデイはすごく自然だよね。気負ってないというか。

──ほかのミュージシャンとやるときと比べてどうでしょう?

曽我部 ほかの人とやるときは、あの人こういうキャラクターだし、こういうふうに合わせたらいいんじゃないかとか、いろんな駆け引きがあると思うんだよね。でもサニーデイはまったくない。何も考えてない。

丸山 サニーデイは自然にやれるっていうか、スッと演奏できるんですよね。なぜだかわからないけど。

田中 うん、だからすごくいいときもあるし、全然合わないときもあるみたいな。

──あ、自然体でできるっていうのは、何もしなくても息ぴったりという意味じゃなく?

田中貴(B)

田中 不思議なんですよね。ほかのバンドだとみんなちゃんと練習してきて、リハでもう8割くらいは完成してるんだけど。サニーデイはもっと生き物みたいな感じで。

曽我部 あの、プロの集団じゃないから。

──だからうまく合わないときもあるということ?

曽我部 いや、なんていうのかな。合わないときっていうのは特にないんだよ。合わせようとしてれば合わないときはそりゃ出てくるけど、別に合わせようとしなければ、合わないっていう概念すらないから。

田中 あはは(笑)。

曽我部 3人の音が出てればいいの。3人がその曲の肝を感じながらやってればよくて、ズレたらズレたで別にいい。

──その感じはサニーデイのライブを観てるとわかる気がします。決してテクニカルな演奏ではないのに胸に響いてくる。

曽我部 そうなんだよね。音が折り重なって気持ちがひとつになる。バンドにはそういう瞬間がある。大事なのはそれだけで、でもそれはなかなかできないんだけど。

──難しいものなんですね。

曽我部 もちろんそれがないからダメなライブっていうわけじゃないけど。でも奇跡的な瞬間があればそれはお客さんにもはっきり伝わる。お客さんの気持ちもそこでひとつになる。

ニューアルバム「Sunny」 /2014年10月21日発売 / 2700円 / ROSE Records / ROSE-176
ニューアルバム「Sunny」
収録曲
  1. おせんべい
  2. 星のレストラン
  3. 愛し合い 感じ合い 眠り合う
  4. アビーロードごっこ
  5. 少年の日の夏
  6. エアバルーン
  7. One Day
  8. 夏は行ってしまった
  9. 夏のような人
  10. 晴れた日のメロディ
  11. きみが呼んだから
ライブ情報
サニーデイ・サービス「渋谷公会堂コンサート 2015」
2015年3月27日(金)東京都 渋谷公会堂
OPEN 17:45 / START 18:30
前売 4500円(全席指定)
サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービス

曽我部恵一(Vo, G)、田中貴(B)、丸山晴茂(Dr)からなるロックバンド。1994年にミニアルバム「星空のドライブep」でデビューし、1995年には1stアルバム「若者たち」をリリース。フォーキーなロックサウンドと文学的な世界観が音楽ファンの間で好評を博し、7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出すが、2000年12月に解散。2008年8月に「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」で再結成を果たして以降はスローペースで活動を重ね、2014年10月に9枚目のオリジナルアルバム「Sunny」をリリースした。