ナタリー PowerPush - Perfume

ずっと変わらない一途な願い

10月に発表されたアルバム「LEVEL3」にまだまだ多くの人々が興奮冷めやらぬ中、早くもPerfumeがニューシングル「Sweet Refrain」をリリースした。今回のシングルは長澤まさみ主演のテレビ朝日系ドラマ「都市伝説の女」の主題歌として話題のポップチューン。キュートなカップリング「恋は前傾姿勢」とともに、クールな印象の「LEVEL3」とはまったく違う表情を見せている。

今回の特集では「Sweet Refrain」「恋は前傾姿勢」についてのエピソードを3人にインタビュー。振れ幅のある楽曲を短期間にリリースしながらも軸がブレない理由などを語ってもらった。

取材・文 / 橋本尚平

 
mixiチェック

メンバーそれぞれの休日の過ごし方

──まだアルバムが発売されて間もないのに、ずいぶんリリースのペースが短いですよね。こんなに早く新作のインタビューができるとは思いませんでした。

あ~ちゃん よく会いますね♪(笑)。

──「LEVEL3」のプロモーション活動も終わったばかりでしょうし、これからは東京・大阪のドーム公演の準備もあるでしょうし、ひと息つく暇は全然なさそうですね。

かしゆか でも、こないだ休みもらえたね。

──そういう日って皆さん何をして過ごしてるんですか?

かしゆか 休みの日ですか? 何してるかな。最近ネコを飼い始めたので、一緒に家でずっとだらだらしてます。ネコの態度に一喜一憂して。

のっち それを写真に撮ってね(笑)。私は散歩してますね。早起きして朝食を食べに行ったり。それで充実してる感じを味わってます。

──「貴重な休日なのに、遅くまで寝てたらもったいない」みたいな?

のっち それもあるけど、オフの日って眠くなったらいつでも寝ていいじゃないですか。だから前の晩に遅く寝て早く起きて寝不足になってもへっちゃら、みたいな。

かしゆか 学校に行く日は全然起きれないのに、日曜日に朝のアニメのために早起きする子供みたい(笑)。

あ~ちゃん 確かに(笑)。私は断捨離してますね。前にテレビで、思い出の物を捨てられなくてゴミ屋敷みたいになっちゃったところに住んでる外国人さんを見たんですけど、うちも他人ごとじゃないな、と思って。

かしゆか わかる。あ~ちゃんの家は思い出であふれてそう(笑)。

あ~ちゃん 初めて買ったヒールの靴とか、もうビロンビロンに伸びてるのに大事にとってあって。パンプスって大人の象徴というか、女の子にとってはけっこう憧れで、「私が履いていいかしら? 履きこなせるかしら」ってドキドキするんですよ。勇気を出して買ったものなので思い入れが強くて。そういうものが箱まで捨てられずにいっぱいあるんです。

──それを今、どんどん捨てていると。

あ~ちゃん 「あなたはあの時期に活躍してくれました。私に自信を与えてくれました。本当にありがとう!」って1個1個に言って、んーまっ!ってキスして、バンッ!っとゴミ箱に。「もう私は物が一切なくなったとしても生きていける」って自分に言い聞かせてます。私にはメンバーがいるじゃない、家族がいるじゃない、私の思い出は心の中にあるじゃない、みたいなことを考えながらガーッと捨てるんです。

絶対きゅうりのことを歌ってるんだと思います

──それでは本題に入りますけど、今回のシングルを聴いて、皆さんはどう感じました?

のっち これはドラマの主題歌になるのが決まった上で書いてもらった曲なんです。やっぱり人気ドラマのパート2ですし、都市伝説っていうミステリアスなイメージもあるから「スパイス」みたいな曲が来ると予想してたんですよ。でも聴いたらすっごいかわいい曲で、意外でした。

あ~ちゃん 「心が12000回転くらい」って歌う部分がいいですよね。音程もちょっと不思議で。ドリカムさんの歌詞に「10000回だめでへとへとになっても 10001回目は何か変わるかもしれない」っていうのがあるんですけど、この曲もきっと、ドキドキワクワクしたり、ズーンって沈んだりを12000回くらいグルグル繰り返したあとに、もしかしたら何かが待ってるかもよ、ってことなのかなって。

かしゆか 実はこの曲の歌詞、もともとAメロの頭の2行が1番と2番で逆だったんです。最初は「サラダの中のあいつみたい 取り除いても 匂いが消えない」が歌い出しで。中田(ヤスタカ)さんってきゅうりが嫌いだから、これ絶対きゅうりのことなんですよ。だから「えっ! そんな個人的なことを曲のド頭でPerfumeに歌わせるの?」ってビックリしました(笑)。結局、ドラマのタイアップで使われる尺を考えたら、長澤まさみさんがアップで映ってるときにこの歌詞はおかしいってことで2番の歌詞と入れ変わったんですけど。でも、この意味のわからない感じは曲の面白さにつながってますよね(笑)。

あ~ちゃん 私は「サラダの中のあいつ」ってクルトンだと思ってた。でも「匂いが消えない」って書いてあるから違うかな。きゅうり説っていうのは、中田さん情報をよく知ってるゆかちゃんならではの解釈ですね(笑)。

かしゆか 本人に聞いてないけど絶対そうだよ! 焼肉屋さんのサラダってきゅうりが入ってくるじゃないですか。みんなでよく焼肉屋さんで打ち合わせするんですけど、中田さんはお店の人に必ず「きゅうり入ってますか? あ、入ってるんだ。じゃあ抜いてください」って言ってるから。お肉は全員分焼いてくれるのに、そういうところはちょっと子供っぽいっていうか(笑)。

「1mm」の厳しさと「Sweet Refrain」の優しさ

──英和辞典によると「Sweet Refrain」って、慣用句で「耳に心地いい繰り返しフレーズ」っていう意味があるそうです。

のっち え、そうなんだ。

──だから僕は、「Sweet Refrain」という言葉はPerfumeのダンスサウンドのことを指してるんじゃないかと解釈したんですよ。海外進出など「まさかというようなことを 次々と繰り返してきた」Perfumeだけど、それでも自分たちの夢を「まだ 追い越せない」と思っていて、もっとたくさんのファンに「届けたいの そうSweet Refrain」。サビの歌詞はそういう意味なのかなって。日本武道館公演における「Dream Fighter」と同じように、「Sweet Refrain」は今のPerfumeの立ち位置を表明した、今度のドーム公演のテーマソング的なものになるんじゃないかって思ったんです。

のっち あー、そうなのか。実は今日まで歌詞の意味をよく考えてこなくて(笑)。ただ「かわいい曲」っていうイメージでした。

あ~ちゃん もうPVも撮ったから、何度も何度も聴いてはいたんですよ。でも「LEVEL3」も出たばっかりだし、次々にやることがあって、まだ深い意味を考えるまで至れなくて。

かしゆか で、インタビューしてもらいながらこの歌詞と向き合い始めて、皆さんの解釈を聞きながら「なるほどー、これは深いわ」って(笑)。

あ~ちゃん でも確かに「ポリリズム」を出して以来、Perfumeは「まさかというようなこと」をどんどん繰り返して今につながってると思うし、だけど今もやりたいことがまだまだいっぱいあるし、そういうことかもね。

のっち 「Dream Fighter」の続編ってことで言うと「1mm」もそんな曲だと思ってるんです。でも「1mm」は、「現実はずっと想像の上を行く 覚悟がまだまだ1ミリも足りないね」なんて本当に厳しいメッセージだなと思いながら歌ってたんですけど、「Sweet Refrain」はもうちょっと優しさがありますね。ぐるぐるといつまでも同じところで迷っていても、それを越えたときに次につながる何かを手にするんだよ、みたいな。

ニューシングル「Sweet Refrain」 / 2013年11月27日発売 / UNIVERSAL J
初回限定盤 [CD+DVD] 1500円 / UPCP-9006
通常盤 [CD] / 1000円 / UPCP-5005
CD収録曲
  1. Sweet Refrain
  2. 恋は前傾姿勢
  3. Sweet Refrain -Original Instrumental-
  4. 恋は前傾姿勢 -Original Instrumental-
初回限定盤DVD収録内容
  • Sweet Refrain –Video Clip-

Perfume 4th Tour in DOME
「LEVEL3」supported by チョコラ BB

2013年12月7日(土)
大阪府 京セラドーム大阪
OPEN 15:00 / START 17:00
2013年12月8日(日)
大阪府 京セラドーム大阪
OPEN 14:00 / START 16:00
2013年12月24日(火)
東京都 東京ドーム
OPEN 16:00 / START 18:00
2013年12月25日(水)
東京都 東京ドーム
OPEN 16:00 / START 18:00
Perfume(ぱふゅーむ)
Perfume

あ~ちゃん(西脇綾香)、かしゆか(樫野有香) 、のっち(大本彩乃)により2000年に広島で結成。2003年に活動拠点を東京に移してからは、プロデューサーにcapsuleの中田ヤスタカを迎え、インディーズレーベルで精力的に活動を開始。2005年にシングル「リニアモーターガール」でメジャーデビューを果たし、近未来的な世界観のサウンドとダンスで耳の肥えた音楽ファンの間でも高い評価を獲得する。2007年に「NHK環境・リサイクルキャンペーン」テレビCMに出演し、CMソング「ポリリズム」が大ヒット。テクノポップブームの火付け役となり、2008年には日本武道館、2010年には東京ドームでのワンマンライブを成功させる。2011年にはピクサー映画「カーズ2」の挿入歌&日本語吹き替え版エンディングテーマに、アメリカのスタッフによる指名で「ポリリズム」が抜擢。2012年にユニバーサルJに移籍してアルバム「JPN」のiTunes Store世界配信を実施し、同年4月に「キリンチューハイ 氷結」のCMソング「Spring of Life」のCDシングルをリリースする。10月にアジア4カ国で行われた初の海外ツアーは大成功のうち終了し、翌2013年にはヨーロッパ3カ国での単独公演を実施。フランス・カンヌで開催された世界最大の広告祭「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に日本人アーティストとして初めてゲストとして招待され、プロジェクションマッピングを駆使したパフォーマンスで喝采を浴びる。同年10月にアルバム「LEVEL3」、11月にシングル「Sweet Refrain」をリリース。12月に東京ドーム、大阪・京セラドーム大阪にて計4日間の単独公演を予定している。