ナタリー PowerPush - ニコナタ(音楽)ゴールデンボンバー

視聴者巻き込みやりたい放題「月刊ゴールデンボンバー☆」

ニコニコ生放送にてゴールデンボンバーの人気番組「月刊ゴールデンボンバー☆」が毎月1回配信されている。今回ナタリーではこの番組の魅力を探るべく、8月19日に生配信された同番組の「夏休み2時間SP!」の配信現場に密着。番組を間近でレポートするとともに、放送後のメンバーに番組への思いを聞いた。

取材・文 / 小林千絵 撮影 / 小坂茂雄

 
mixiチェック

「『月刊ゴールデンボンバー☆』夏休み2時間SP!」レポート

スタジオでのトークを中心に展開するこのプログラム。この日はお馴染みの「月刊ゴルボンNo.1決定戦!」から番組がスタートする。これは毎回4人の中で何かの1位を決めるというトークコーナーで、今月は「怖い経験をしたNo.1」を決めることに。まず最初に話を始めたのは喜矢武豊(Gita-)。彼は脱毛サロンで全身つるつるになってしまったという経験を語り、メンバーと視聴者を驚かせた。続く鬼龍院翔(Vo-karu)は喫煙を始めた頃に肺がん疑惑が浮上した話、樽美酒研二(Doramu)は幼少期の川遊びでおぼれかけたという話、歌広場淳(Be-su)は街中にて無断で写真を撮られた話をそれぞれ明かす。トーク後にはユーザーアンケートが行われ、No.1は樽美酒に決定。彼は立ち上がって絶叫し、No.1になった喜びを全身で表現した。

「『月刊ゴールデンボンバー☆』夏休み2時間SP!」の様子。「『月刊ゴールデンボンバー☆』夏休み2時間SP!」の様子。

次に4人はユーザー参加型のコーナーとして「ゴルボン懺悔テレフォン」を実施。視聴者が電話にて自身の失敗を懺悔し、メンバーから「反省を感じられない」と判断されると“お仕置き”が待っている。“お仕置き”の内容はメンバーが振ったサイコロの目によって異なり、「1」の目が出ると視聴者が「懺悔モノマネ」を披露。2~6は“身代わり”として視聴者の代わりにゴールデンボンバーメンバーがモノマネやしっぺなどのお仕置きを受けなくてはならない。最初に登場した視聴者は車をぶつけたことを親に秘密していると懺悔。正直に話をするも、メンバーから「反省が感じられない」との言葉を受け、お仕置きを受けることになる。「1」の目以外はメンバーが身代わりとのことで、喜矢武がびくびくしながらサイコロを振ると、出た目はなんと「1」。視聴者が「懺悔モノマネ」として芦田愛菜のモノマネを披露した。その後もユーザーの懺悔はすべて喜矢武の許しが出ずにお仕置きに。サイコロの目は「2」「3」とメンバー身代わりを示すものが続き、喜矢武が樽美酒のしっぺを受けたり、歌広場が困りながらも西野カナのモノマネを披露したりした。そして4人目の懺悔でサイコロの目が示したのは「5」。「5」の目のお仕置きは「メンバー身代わりパイ投げ」ということで“許さなかった”喜矢武がパイを顔面に受ける。喜矢武以外の3人はパイだけでは飽き足らず、パイのクリーム(スプレー)を直接喜矢武の顔に振りかけるなどやりたい放題。顔面をパイでいっぱいにした喜矢武は、そのままの格好でその後も番組に出続けた。

身代わりのお仕置きでしっぺを受けた喜矢武豊(Gita-)。喜矢武豊(Gita-)への「メンバー身代わりパイ投げ」の様子。

最後は「飛び出せ!実験くんZ」のコーナー。今回は「浴衣で“あ~れ~”されたら何回、回ることができるのか?」という視聴者の疑問をメンバーが実証することに。まず4人は誰が浴衣を着るのかを話し合う。メンバーに押し切られ、パイをかぶったままの喜矢武が浴衣を着て“あ~れ~”される人に決定すると、彼はいやいやながらも浴衣を羽織り、その他の3人に帯を巻かれる。そしてぐるぐる巻かれた帯を勢いよく外されると、喜矢武はふらふらしながら、スタジオ内に立ててあるパーテーションに激突。パーテーションを倒してしまい、場内の笑いを誘った。しかしメンバーから「これで終わり?」と不満げな声が上がる。「帯が短くて思ったより“あ~れ~”できなかった」と鬼龍院がこぼすと、スタッフからロープが渡され、ロープで再度“あ~れ~”に挑戦する。巻くのに疲れるほど長いロープを勢いほどくと喜矢武は15回ぐるぐると回り、おぼつかない足でスタジオ内を動き回る。メンバーに倒れ掛かったり、椅子にぶつかったりとドタバタしたあと、喜矢武はぐったりして椅子にもたれかかった。

そんな喜矢武を横目に番組はエンディングへ。自身の耳からあごにかけて飛び散った泡を見て鬼龍院が「携帯電話みたい」とはしゃいだり、喜矢武が「俺が気持ち悪いだけでいまいち面白くなかったな」とつぶやいたり、メンバーは自由に番組の感想を口にしていく。すると鬼龍院が終了予定時刻まで3分時間が残っていることに気付く。そして「サイコロくらいしかやることない」と言い、なぜか再度「お仕置きサイコロ」を振ることに。くじ引きでお仕置きを受ける人が歌広場に決まり、喜矢武がサイコロを振ると、出た目は“身代わりモノマネ”の「2」。歌広場はレパートリーがないと困り果て、4人は視聴者にモノマネのお題を募集する。画面上にさまざまな候補名が飛び交う中、決定したのは「クリス松村」。歌広場が初めてのクリス松村のモノマネに挑戦すると、スタジオ内には冷ややかな空気が漂う。あわてて歌広場はKABA.ちゃんのモノマネを繰り出すも冷ややかな空気は漂い続け、そのまま番組は終了した。メンバーは配信後も画面に映る視聴者からのコメントを食い入るように見つめ、各々反省したり、コメントに突っ込んだり笑ったりして熱心にその反応を楽しんだ。

ニューシングル「ローラの傷だらけ」 / 2014年8月20日発売 / 498円 / Zany Zap / EAZZ-0126
「ローラの傷だらけ」
収録曲
  1. ローラの傷だらけ
  2. 片想いでいい
  3. 愛について
  4. ローラの傷だらけ(オリジナル・カラオケ)
  5. 片想いでいい(オリジナル・カラオケ)
  6. 愛について(オリジナル・カラオケ)
全国ツアー2014「キャンハゲ」~追加公演~

2014年10月22日(水)
埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
OPEN 17:00 / START 18:30
料金:全席指定 7020円(税込)
※3歳以上チケット必要

プレイガイド
ローソンチケット Lコード:78933
チケットぴあ Pコード:239-479
イープラス

問い合わせ
DISK GARAGE 050-5533-0888

ゴールデンボンバー

鬼龍院翔(Vo-karu)、喜矢武豊(Gita-)、歌広場淳(Be-su)、樽美酒研二(Doramu)からなるヴィジュアル系エアーバンド。2004年に鬼龍院翔と喜矢武豊を中心に結成される。ライブでは鬼龍院翔以外は楽器を弾かず、踊ったり寸劇を演じたりするなど、さまざまなパフォーマンスを行うのが定番となっている。エアーバンドというコンセプトや、麗しいビジュアルと笑撃的な歌詞のギャップで注目を集め、カラオケの連続首位獲得週数歴代1位を獲得した大ヒット曲「女々しくて」や、シングル・アルバム共にオリコン初登場1位を獲得するなどインディーズ史上初の記録も持つ。「NHK紅白歌合戦」にも2度出場。2014年8月には“音楽だけを売ること”に特化し、特典なし、1形態、真っ白いジャケット、税込み500円というシングル「ローラの傷だらけ」を発表した。現在は47都道府県をまわる“キャンハゲ”ツアーを敢行中で、追加公演として10月に埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演が決定している。