音楽ナタリー Power Push - イナズマロック フェス 2015

T.M.Revolution

TAKUYA∞(UVERworld)

滋賀の“祭り”が魅せるもの

滋賀ふるさと観光大使を務めるT.M.Revolution 西川貴教が主催する野外イベント「イナズマロック フェス 2015」が、9月19、20日に滋賀・烏丸半島芝生広場で開催される。7回目の開催となる今回も、ジャンルレスな出演者をはじめ多彩なプログラムが参加者を楽しませてくれそうだ。

このイベントの開催を記念して音楽ナタリーでは、西川と、同郷のアーティストであり今年は2日間出演となるUVERworldのボーカリスト、TAKUYA∞の対談を実施。同フェスの魅力や地元への思いなどを語ってもらった。

取材・文 / 鵜飼亮次 撮影 / 福岡諒祠

 
mixiチェック

西川貴教の足跡

──先ほどの写真撮影の段階で、お2人の仲のよさが伝わってきました。知り合ったのはいつ頃になりますか?

西川貴教 共通の知人がいて、その人からずっと(TAKUYA∞の)名前は聞いていたんです。その後、僕が音楽番組の司会をやっていたときにちょうどUVERworldがデビューして。そのタイミングで番組に出演したので、ちゃんと話すことができましたね。

TAKUYA∞ 僕ももちろん会う前から知っていました。そもそも滋賀では「ここは西川くんがバイトしてたんだよ」ってお店の人から言われるようなスポットが50カ所くらいあって(笑)。

西川 ははは、俺どんだけ金なかったんだ(笑)。

TAKUYA∞ もう滋賀のすべてのライブハウスやスタジオで西川さん働いてはったんちゃうかって思うくらい(笑)。それに「西川さんとバンド組んでた」って人が何十人もいて。

西川 UVERworldが昔よく出てたライブハウスにいたんだよね。

TAKUYA∞ そう、HUCKLEBERRYっていうライブハウス。元店長が西川さんと知り合いで。

T.M.Revolution

西川 僕とバンドを組んだことあるヤツだったんですよね。その元店長からも「UVERがんばってるよ」って話を聞いてました。

──TAKUYA∞さんが歩く音楽の道にはだいたい西川さんの足跡が。

TAKUYA∞ ですね。滋賀県はそうなってますよ。

西川 いやそんなわけないやん(笑)。っていうかもともとほかと比べて有名、著名な方があまりいらっしゃらないからそう見えるっていう。

TAKUYA∞ ミュージシャンで言えば特にそうですよね。今は少し状況が変わってるかもしれませんが。

西川 僕はその状況が変わってきたのはUVERがきっかけって気がするな。っていうのも、今ちょうど「イナズマ」のオーディションをやってるんだけど、やっぱりUVERのフォロワーって感じのバンドが多くてね。UVERが地元に与えた影響は大きいと思う。

滋賀という土地柄

──西川さんが「イナズマロック フェス」を開催して地元を盛り上げようとしているのは、きっかけはどういった思いから?

西川 やっぱり自分はミュージシャンなので、ある程度携わりやすいものを考えた結果、フェスっていう形がいいなと思ったんですよね。

TAKUYA∞ 初めて「イナズマ」のことを聞いたとき、すごく夢がある話だなって思いました。アーティストって滋賀を飛ばして京都や大阪、愛知でライブをやることが多いんですけど、フェスができることでたくさんアーティストが来て、滋賀県民がそれらを観られるっていうのはすごいことだって。

西川 うん。大阪とかに観に行くんやったらチケット代プラス交通費がかかって、けっこう負担が大きいもんな。

──お2人にとって滋賀はどんな場所でしたか?

TAKUYA∞(UVERworld)

西川 僕らはちょうど10歳くらい違うのでそれぞれ異なると思うんですけど、僕の頃はライブをする場所がなかった。ギリギリ貸スタジオみたいなのがあるけどシブい設備しかなくて、しょうがないから自分たちで会場を借りて、別途機材も借りてやってました。TAKUYA∞のときは?

TAKUYA∞ 僕らが出ていたライブハウスは2つで。ほかはブルージーというか、バーと一緒の雰囲気。でも不自由って感じではなかったかな。滋賀でもなんだかんだでやれてました。

──滋賀出身者の県民性みたいなものってありますか?

西川 あまり「自分が自分が」っていうのを出さないように見えて、実は「上に行きたい」「認められよう」みたいな願望がめちゃめちゃ強いっていうのがあるかも。

TAKUYA∞ ああ、そうですね。

西川 実際に日本を代表するような大企業の経営者なんかも滋賀出身が多いって聞きますし。あと、大きな街に挟まれている分だけちょっと人と違う角度で物事を見てるみたいなところがあるのかな。まあ滋賀にいるときは全然そんなこと気付かなかったんですけど。

イナズマロック フェス 2015

2015年9月19日(土)滋賀県 烏丸半島芝生広場

<出演者>

雷神STAGE
アーティスト:UVERworld / NMB48 / 倖田來未 / T.M.Revolution / Fear, and Loathing in Las Vegas / ももいろクローバーZ / 藍井エイル(オープニングアクト)
パフォーマー:アンガールズ / ジャルジャル / スギちゃん / ダイノジ / U字工事
風神STAGE supported by Eggs
愛笑む / AKIRA / Gacharic Spin / SuG / Civilian Skunk / Thinking Dogs / SKY'S THE LIMIT / 杉恵ゆりか / THREE LIGHTS DOWN KINGS / and more

2015年9月20日(日)滋賀県 烏丸半島芝生広場

<出演者>

雷神STAGE
アーティスト:[Alexandros] / UVERworld / AKB48 / キュウソネコカミ / 超特急 / T.M.Revolution / BACK-ON(オープニングアクト)
パフォーマー:じゅんいちダビッドソン / 天竺鼠 / ニッチェ / ハマカーン / やしろ優
風神STAGE supported by Eggs
ASH DA HERO / THE Hitch Lowke / THE HOOPERS / Signal / Doll☆Elements / NOISEMAKER / MAGIC OF LiFE / 武藤彩未 / 山猿 / and more
T.M.Revolution(ティーエムレボリューション)
T.M.Revolution

1970年滋賀県生まれの西川貴教によるソロプロジェクト。1996年5月にシングル「独裁-monopolize-」でメジャーデビュー。キャッチーな楽曲と激しいライブパフォーマンスで人気を集め、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」などのヒット曲を連発する。2008年には「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、翌2009年から滋賀県初となる大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を毎年開催。ほかにも舞台やミュージカルなど幅広い分野にて精力的な活動を展開している。2013年には水樹奈々とのコラボシングル「Preserved Roses」「革命デュアリズム」を発表。2015年5月に通算10枚目となるオリジナルアルバム「天」を発売し、8月にはシングル「DOUBLE-DEAL」をリリースする。

T.M.Revolution ニューシングル「DOUBLE-DEAL」
2015年8月5日発売 / EPICレコードジャパン
完全生産限定盤A [CD2枚組] 1944円 / ESCL-4490~1
完全生産限定盤B [CD+DVD] 1620円 / ESCL-4492~3
UVERworld(ウーバーワールド)
UVERworld

滋賀出身で幼なじみのTAKUYA∞(Vo)と信人(B)らを中心に結成されたロックバンド。関西を中心に活動を続け、2004年末に上京。2005年7月にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たす。2008年11月には12thシングル「儚くも永久のカナシ」で初のオリコン週間ランキング1位を獲得し、同年12月には東京・日本武道館、大阪・大阪城ホール公演を成功させる。そして2010年11月に初の東京・東京ドーム公演を実施。一方で地元滋賀にある200人規模の会場での公演やZeppを中心としたライブハウスツアーも行っている。2014年にはサポートメンバーだった誠果(Manipulator, Sax)が正式メンバーとして加入し6人編成に。結成15周年とメジャーデビュー10周年を迎える2015年には7~9月、9~12月にそれぞれ全国ツアーを実施する。

UVERworld ニューシングル「I LOVE THE WORLD」
2015年8月26日発売 / gr8!records
初回限定盤 [CD+DVD] 1700円 / SRCL-8895~6
通常盤 [CD] 1300円 / SRCL-8897