ナタリー PowerPush - BAD BOYS J

「BAD BOYS J」出演メンバーが明かす 演じることの楽しさ

4月からスタートしたテレビドラマ「BAD BOYS J」では、乃木坂46のメンバーが初めてレディース役を演じファンの間で大きな話題を集めている。今回ナタリーではドラマのヒロイン役を務める橋本奈々未、敵対するグループ間での禁断の恋に悩む女性を熱演する松村沙友理にインタビューを実施。ドラマ出演で学んだこと、演技を通して迎えた心境の変化などを語ってもらった。

また特集後半では、番組に登場するレディースチーム「ナイツレディース」「ビイストレディース」の一員を演じる秋元真夏、伊藤寧々、伊藤万理華、桜井玲香、高山一実、能條愛未、若月佑美のコメントも掲載。“アイドルグループ・乃木坂46”とはひと味違った彼女たちの魅力に触れてほしい。

取材・文 / 西廣智一 撮影 / 笹森健一(橋本奈々未・松村沙友理) 企画 / 富樫奈緒子

 
mixiチェック

橋本奈々未(由本久美役) インタビュー

自分の中で演技に対する意識がどんどん変化

橋本奈々未

──橋本さんは「君の名は希望」のインタビューの際に「(演技に対してこれまで)好きとか嫌いとか、そういう感情を持ったことがなかった」と言っていましたが、今回の「BAD BOYS J」の撮影を通じて何か意識の変化はありましたか?

このドラマの撮影が始まって、自分の中で演技に対する意識がどんどん変化していきましたね。撮影初日からものすごい怒鳴られたんですけど、勉強になることをたくさん言ってもらえて。言ってることが本当に正しいことばかりで、しごかれたことでどんどん演技のお仕事が面白いと思えるようになったんです。

──そうだったんですね。

はい。今はオンエアを観て、自分の演技をおさらいしてるというか。「こういうテンションでああいうことを言ったら、こうやって映るんだ」という手応えや「もっとこうすればよかった、ああすればよかった」っていう反省点があるんです。本当に反省する部分が多くて、第1話を観たあとに台本を全部読み返しましたから(笑)。今ならもっとやれるんじゃないかと自分でも思うし。

──今ならもっとちゃんとした演技ができるんじゃないかと?

橋本奈々未

そうですね。オンエアを観て「よかった。私、今回けっこううまくいったわ」みたいな感じだと特に反省もしなかったし、ほかの人はどう演じてるんだろうなんて意識しなかったから。広島弁のセリフが多いんですけど、共演者さんの中には自分で広島の方言を調べてくる人もいて、方言指導の先生や監督に「こういう方言を取り入れたいんだけど、どこのシーンで使えばいいですか?」って自分からどんどん掛け合っているんです。

──そういうところでも刺激を受けたと?

かなり受けてますし、あの現場にいて久美役をもらってる子だったら、たぶん私じゃなくても自然と変わっていったと思いますし。改めて環境って大事なんだなって思います。乃木坂46としていろんなところでお仕事させてもらってるんですけど、結局乃木坂の中の世界しか見えてないことが多くて。でもそこから1人で外の世界に出ていくと、乃木坂の中で経験したことのないいろんな刺激を受けるし、もっとがんばらなきゃって思ったんです。

今自分に必要なのは場数

──ではもっとがんばっていくには、どうしたらいいと思いますか?

橋本奈々未

一番思ったことは、今自分に必要なのは場数だなって。演技のお仕事にしてもバラエティにしても、どのお仕事もそうなんですけど、とにかくたくさんのことにチャレンジしなきゃダメだなと思って。今のうちにいろんなことをたくさんやって、場数を踏んでいくことで将来的にどんなところでも対応できるような……今はどんなジャンルに進んでいきたいっていうよりも、たくさんチャレンジしたいっていう気持ちです。

──演技だけじゃなくて、とにかく自分に来た仕事に積極的に向かっていって経験を積みたいと?

そうですね。与えられたことをただやるんじゃなくて、1つのお仕事に対して何か提案していけるぐらい自分で向き合ってやっていくっていうことを前提に、いろんなことをやっていきたいなと思ってます。

現在のポジションに対して自分の実力が伴っていない

──昨年1月に初めてCMに出演したとき(参照:乃木坂46、初CMで手作りバレンタインを応援)、セリフが棒だってファンの方から言われてましたよね(参照:[Power Push] 乃木坂46・橋本奈々未インタビュー&フォトギャラリー)。あれから1年経ってまさか自分がドラマの主要な役柄を務めるまでになるとは、正直思ってましたか?

橋本奈々未

いえまったく。ファンの方からも握手会で「まさかあの『そっちこそ』(明治手づくりチョコレートCMでの橋本のセリフ)の子が、1年後にこんな仕事するなんて!」って言われますし(笑)。「そうやって成長していくところを見てるのが楽しいから、来年はどうなってるんだろうね?」と言ってくれるんですけど……確かに1年前は自分がドラマに出てるなんて思ってなかったですしね。

──1年前に自分が思い描いていた「1年後の自分」には近付けていると思う?

そうですね。ただ自分が思ってるよりもハイペースで来てるなとは思いますし、ペースが早いぶん現在のポジションに対した自分の実力が、そこに伴ったものではないというか。個人にしろグループにしろ、仕事の内容と自分たちの実力との差に開きがあるなって、最近すごく感じるんです。乃木坂がちょっとずつ認知され始めてきたからこういう仕事がいただけると思うので、そこからどう持っていけるかが今年1年の課題だと思うんですけど、今までは与えられた仕事をがむしゃらにやるだけだったから、このまま同じ調子でいったらちょっと怖いなと思っていて。

──怖い?

はい。例えば今回のドラマのようなお仕事をいただけることが当たり前じゃないこととか、自分たちでもっと基礎を作ってから臨まないといけないこととか、そういう意識を持っていかなきゃいけないんだと思ってます。

橋本奈々未
「BAD BOYS J」
番組情報

日本テレビ 毎週土曜日 24:50~25:20
福岡放送 毎週水曜日 26:10~26:40
広島テレビ 毎週金曜日 25:59~26:29
※放送時間は都合により変更になる場合あり

総発行部数5000万部を超える田中宏の人気コミック「BAD BOYS」が原作の、広島の不良グループの姿を描いた青春ドラマ。中島健人(Sexy Zone)がテレビドラマ初主演を務めるほか、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)やジャニーズJr.が多数出演し、AKB48の板野友美、トリンドル玲奈、橋本奈々未や松村沙友理をはじめとする乃木坂46のメンバーが華を添える。

乃木坂46(のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33名が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコン週間ランキングで初登場2位を記録し、20万枚を超えるセールスを記録した。同年5月に「おいでシャンプー」、8月に「走れ!Bicycle」、12月に「制服のマネキン」を発売し、すべてオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。2013年3月現在は1期生33名で活動しており、まもなく2期生が加わる。3月13日に5thシングル「君の名は希望」をリリース。初夏には6thシングル(タイトル未定)の発売も予定されている。