音楽ナタリー PowerPush - 7!!

「四月は君の嘘」彩る大人バラード

昨年結成10周年を迎えた7!!が、2月11日にニューシングル「オレンジ」をリリースする。今作のタイトル曲はフジテレビの「ノイタミナ」で放送中のアニメ「四月は君の嘘」の第2クールエンディングテーマとして書き下ろされたバラードだ。今回のインタビューでは「四月は君の嘘」の話を中心に、11年目に突入した現在の心境などをメンバー4人に語ってもらった。

またアニメは東京・練馬区が舞台となっており、「オレンジ」のビデオクリップにはアニメにも登場する実在の施設や風景がカットインされている。そこで今回の特集では、PVとアニメの両方に登場するシーンをマップ付きで掲載。ぜひ見比べて楽しんでほしい。

なおコミックナタリーではアニメのオープニングテーマを歌うコアラモード.の特集が掲載されているので、併せてチェックしてみよう。

取材・文 / 丸澤嘉明 撮影 / 山田敦士

 
mixiチェック

結成10周年を経た思いを詰め込んだ「オレンジ」

──皆さん、アニメ「四月は君の嘘」のオンエアはご覧になりました?

一同 はい!

NANAE(Vo)

NANAE(Vo) 私たちが住んでる沖縄では放送されてないので東京に来たときにみんなで観たんですけど、すごい感動しました。

MICHIRU(G) 公生がお母さんの幻影と決別する回で、すごく切なくて。

MAIKO(Dr) 本編の感動のシーンのあとにエンディングになって、「オレンジ」が流れてきてまた感動しました。

KEITA(B) エンディングのアニメーションがまたいいんですよね。物語が今後どうなっていくのかちょっと意味深な感じで。

──「オレンジ」は7!!史上、最もバラード色が強い曲と言っても過言ではないと思うんですが、作詞作曲はMICHIRUさんが担当したんですよね。

MICHIRU はい。僕もともとマンガを読んでいて大好きだったから、お話をいただいたときは素直にうれしくて。このマンガには友情、恋愛、音楽など誰もが経験するような青春が詰め込まれていると思うので、僕自身の学生時代を思い浮かべながら、作品の世界観を大事にして作っていきました。

──歌詞の「君は君だよ」のラインは、実際作品でかをりが公生に言ったセリフですよね。あと「君はこれから何を見ていくんだろう 私はここで何を見ていくのだろう」っていう部分も、病弱なかをりと再びピアノに向き合い始めた公生の関係を暗示しているような気がしました。

MICHIRU 作品の中でのかをりと公生の距離感は重視しました。青春時代に同じ時間を過ごしていても、やがて別々の道を歩まなければいけないっていうのは紛れもない事実だと思うんです。でも別々の道を歩んでいってもいつか同じ場所で会えたら素敵だよなっていう思いもあって。7!!は去年結成10周年だったんですけど、僕らは出会う人出会う人にすごく支えられながら成り立ってるバンドだなって改めて思った1年だったんですね。その影響も作品に出てると思います。

──去年は、例えば東京・渋谷公会堂で初の単独ホール公演を開催するなど、バンドとしてさまざまなアニバーサリー企画を行っていましたよね(参照:「続けてよかった」7!!、渋公で笑顔の大団円)。

MICHIRU 過去を振り返る機会が多い1年でしたね。これまで出会った人たちのことを思い浮かべながら、時が経っても変わらない思いっていうのを1つのテーマとして曲に盛り込んでいきました。

恋愛の曲であり、友達や家族の曲でもある

──MICHIRUさんが作ってきた曲を聴いて、メンバーの皆さんはどう思いました?

KEITA もちろんいい曲だとは思ったんですけど、「バラードか……苦手だな。大丈夫かな」と思いました。

MAIKONANAE あははは(笑)。

KEITA 案の定レコーディングは苦労しました(笑)。スローテンポが難しくて……ついつい速くなっちゃうんですよね。たぶん今までで一番苦労しましたね。

MAIKO(Dr)

MAIKO しょうがないよね、KEITAはラテン気質だから(笑)。私ももちろん聴いたときにいい曲だなって思ったし、去年の秋のアコースティックツアーでこの曲を披露したときにお客さんの反応がすごくよかったんですよ。それで聴いた人にちゃんと伝わる曲なんだなって実感しました。

──NANAEさんはいかがですか?

NANAE 歌詞の世界観が今までよりも大人っぽいなっていうのが一番の印象でした。これまでの7!!の曲は10代の女の子に共感してもらえるような恋の歌が多かったんですけど、今回は友達や家族に対しての思いが描かれていて、もう少し上の年代の方にも共感してもらえるんじゃないかなって。歌入れのときもあるところは恋愛の歌っぽく、あるところは友達に向けて歌うように意識しました。

──例えばどのあたりを友達に向けて?

NANAE 「いつか二人が大人になって 素敵な人に出会って かけがえのない家族を連れて この場所で逢えるといいな」のところとか。大人になった今、学生時代に仲がよかった友達とお互いの家族を連れて会ってるイメージが湧いてきて。

──ちなみにNANAEさんは「四月は君の嘘」のクラシックコンサートに出演して「オレンジ」を披露しましたよね(参照:「四月は君の嘘」クラシックコンサートに7!!NANAE、監督、声優ら)。

NANAE ほんとに感動しました。バイオリンの音色が情緒豊かで私も感情が入りすぎちゃって、自分の曲で泣きそうになりました。今までで一番エネルギーを使って感情的に歌ったかもしれないです。バンドはもちろん楽しいんですけど、違うシチュエーションでやるのも楽しいなと思いましたね。

MICHIRU 僕らは客席にいたんですけど、クラシックコンサートのホールって咳払い1つでもすごい響くんですよね。俺だったら緊張で吐くな、NANAEすごいなと思いながら観てました(笑)。

「四月は君の嘘」
「四月は君の嘘」
「四月は君の嘘」とは

「月刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の新川直司による青春マンガ。2014年10月よりフジテレビ「ノイタミナ」にてアニメ版が放送されている。

STORY

数々のピアノコンクールで優勝し、神童と呼ばれていた有馬公生。彼は11歳のときに母の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまう。それから3年後、14歳になった公生は幼なじみの澤部椿や渡亮太を通じて同い年のバイオリニスト・宮園かをりと出会う。口は悪いが才能豊かなかをりに翻弄されながらも、公生は再びピアノと向き合っていく。

コミックナタリーPower Push  ノイタミナ「四月は君の嘘」特集

7!!ニューシングル「オレンジ」 / 2015年2月11日発売 / EPICレコードジャパン
期間生産限定盤 [CD+DVD] / 1800円 / ESCL-4365~7
通常盤 [CD] / 1200円 / ESCL-4368
期間生産限定盤CD収録曲
  1. オレンジ
  2. オレンジ(アニメVer.)
  3. オレンジ(Acoustic Ver.)
  4. スタートライン(Acoustic Ver.)
期間生産限定盤DVD収録内容
  • TVアニメエンディング ノンクレジット映像収録
通常盤CD収録曲
  1. オレンジ
  2. 恋のレシピ
  3. オレンジ(Instrumental)
7!!(セブンウップス)

7!!

高校時代、同い年のNANAE(Vo)、MAIKO(Dr)、MICHIRU(G)、KEITA(B)により結成された沖縄在住の4人組バンド。バンド名の由来はNANAEの名前を「7(ナナ)」と「エッ!!」に分け、それぞれ英訳した「seven」「oops」をつなげたもの。2011年4月に映画「高校デビュー」の主題歌「フォーリン・ラブ」でメジャーデビュー。2013年3月には1stアルバム「ドキドキ」を発表し、6月から全国10カ所を回るワンマンツアー「7!!のうぷぷなツアー2013~ドキドキ~」を開催した。2014年8月に2ndアルバム「STARTLINE」をリリースし、同8月には東京・渋谷公会堂にてバンド初のホールワンマン公演を実施した。12月には映画「アオハライド」のコンピレーションアルバムに参加。2015年2月にアニメ「四月は君の嘘」エンディングテーマ「オレンジ」を発表。女子高生の目線を通して描かれる世界観に多くの10代女子が共感し、人気を博している。