映画ナタリー

紅い襷~富岡製糸場物語~

紅い襷~富岡製糸場物語~

アカイタスキトミオカセイシジョウモノガタリ

解説

2014年、世界遺産に登録された富岡製糸場と絹産業遺産群。明治初期の大転換期、富岡の地に西洋式の器械製糸場を作り上げたポール・ブリュナとエミリ夫人、そしてフランス人女性教師と、製糸場の工女たちが、身分や国境を超え日本の近代化を切り開く姿をドキュメンタリーとドラマを織り交ぜ描く。音楽監督は作編曲家でピアニストの谷川賢作。

ストーリー

長野県松代区長の娘・横田英は、父の反対を押し切り、故郷と日本のため、富岡製糸場に工女として働くとを決意する。明治政府が招いたブリュナら外国人に“生き血を抜かれる“と噂が立つなか、英が製糸場に着くと、そこは西洋式の建物と器械の別世界だった。

2017年12月2日(土)公開 / 上映時間:100分 / 製作:2017年(日本) / 配給:パル企画

(C)2017 富岡市/富岡製糸場映画製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー