映画ナタリー

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨

ベルセルクオウゴンジダイヘンサンコウリン

解説

日本のみならず海外でも絶大な人気を誇る三浦建太郎によるダークファンタジーの完全映像化プロジェクト“ベルセルク・サーガプロジェクト“第3弾にして黄金時代編の完結編。長きに渡るコミック連載の中でも、最も衝撃的なシーンと言える“蝕“をスクリーンで完全再現。エロスとバイオレンスが入り乱れる究極のシークエンスに圧倒される。

ストーリー

ガッツは修行を終え、もはや無敵ともいえる力を手に入れていた。そして、彼は仲間と共にグリフィスが幽閉されている“再生の塔“から難なく、グリフィス奪還に成功する。しかし激しい拷問を受け、変わり果てた姿のグリフィスを前に誰もが言葉を失ってしまう。

2013年2月1日(金)公開[R-15] / 上映時間:107分 / 製作:2012年(日本) / 配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー