コミックナタリー Power Push - マーガレットコミックス特集 あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言 番外編 マーガレット&別冊マーガレット編集長インタビュー

まだまだ少女マンガを卒業させない

2015年5月から12月まで7カ月にわたり、マーガレットと別冊マーガレット(ともに集英社)の作家にインタビューを行ってきた本連載。番外編として、マーガレット編集長の河野万里子氏、別冊マーガレット編集長の今井孝昭氏に登場いただき、2誌の現在とこれからについて語ってもらった。

長きにわたり女性ファッション誌に在籍していた河野氏と、週刊ヤングジャンプ編集部で青年マンガに携わってきた今井氏。2人が少女マンガ界に吹き起こす新たな風とは。また2誌の現在のトレンドと、今後のイチオシ作品についても聞いた。

取材・文 / 坂本恵

 
mixiチェック

テーマの面白さから「宇宙を駆けるよだか」連載へ

──まずはおふたりの経歴から伺えればと思います。別冊マーガレット編集長の今井さんからお聞きできますか。

今井 僕が最初に入ったのはベアーズクラブっていう青年誌だったんですよ。ただ休刊になっちゃったので僕は最初の1年くらいしかいなくて。その後ヤングジャンプに異動になって、そこからは2012年までの23年間、ずっとヤンジャンです。別マは今、3年半くらいですね。

別冊マーガレット2015年8月号

──今井さんはヤンジャンでもずっと編集長をされていましたよね。青年誌から突如少女マンガ誌へと移られて、ギャップを感じたりはされましたか。

今井 僕は「GANTZ」の奥浩哉さんとか、SF的なにおいがある作品・作家が好きで何人か担当してきたんですよ。青年誌って企画先行で連載を起こしやすい面がありますが、それとは違って少女マンガは、「ハートのエンターテイメント」なので、パッケージ主導ではうまくいかない面があるように感じます。

──「◯◯マンガ」という言い方をしにくいものが多いですよね。

今井 そうそう。少女マンガというのは、恋愛とか友情とか、そういったものについてかなり細分化して考えるんです。人間の深い心を描くというのを僕は青年誌ではやってこなかったので、すごく新鮮ですね。

「宇宙を駆けるよだか」1巻

──今井さんの23年間のヤンジャンイズムが、今の別マに生きていたりはするんでしょうか。

今井 いやあ、全然、生きてはいないと思います(笑)。まあ「こういう企画があってもいいんじゃない」って言ったりはしますけどね。例えば「宇宙を駆けるよだか」の川端志季さんという作家がいますけど、連載させるには早いんじゃないかという声もありましたが、僕は彼女が持っているテーマは面白いかなと感じたので「よだか」の連載に至りました。

あふれる少女マンガ愛を持ってファッション誌からマンガ畑へ

──ああ、なるほど。確かに「よだか」は別マの本流とは少し違う感じがします。ではマーガレット編集長・河野さんの経歴も伺えますか。

河野 私は入社してから17年、ずっと女性ファッション誌にいたんです。最初はSeventeenに12年、次にPINKYで5年。その後、ちょっと思うところがあってマンガ誌に異動させてもらって。それからコーラス、Cocohanaに5年。で、一昨年の11月にマーガレットに来ました。だからマンガ編集者としては6年くらいなんですよ。

──ご自分でマンガ誌に異動願いを。

河野 そうですね。ファッション誌はすごく楽しかったし今でも大好きなんですけど、もうちょっと読者の人生に関わるようなものを作りたいなと思って。例えばそれを読んで一生忘れないとか、どこか影響されて生きていくことって、情報誌とかファッション誌だとなかなか難しかったりする。でももしかしたら、ストーリーならそういうことができるんじゃないかと思って。せっかく集英社という総合出版社に入ったんだし、1回マンガをやってみたいと思ったんです。

今井 河野は昔から少女マンガが大好きだったんだよね。

マーガレット2016年1号

河野 そうなんです。最初に買ってもらった少女マンガは陸奥A子先生の短編集で、「樫の木陰でお昼寝すれば」っていうりぼんコミックスだったんですけど、最初に読んだマンガって覚えてるものですよね。この間、マーガレット展で北九州市漫画ミュージアムに行ったときに単行本を見つけたから読んでみたら、コマとかセリフとかすごく覚えてました。その短編集で大好きだったのが「ミルキー・セピア物語」ってお話。ホットミルクにウイスキーをちょっとだけ垂らした、ミルキー・セピアっていう飲み物が出てくるんですけど、それにすっごく憧れて、夜中に親の目を盗んで作ってみたりしてました(笑)。くらもちふさこ先生も大好きで、「東京のカサノバ」をすごく愛していて。あとは槇村さとる先生の「ダンシング・ゼネレーション」とか「N★Yバード」とか、本当に何度も読み返しましたね。

少女マンガ育ちの少女マンガ家をもう一度増やしたい

──河野さんの少女マンガ愛がものすごく伝わってきます。Cocohanaからマーガレットに異動ということは、今井さんほどのギャップは感じられませんでしたか?

河野 最初に在籍していたSeventeenの読者層が10代で、次のPINKYは20代。で、コーラスとCocohanaはアラサー向けとしているので30代だとして、だんだんと上がってきてたんですけど、またマーガレットで10代に戻ったんです。今井さんのヤンジャンから別マほどじゃないですけど(笑)、ここに来て若い雑誌とはどうしよう、と自分なりに思いましたね。でもやってみると楽しいんですよ、若い雑誌って。というのも、作家さんの原石がすごく集まってるんです。投稿作でも、レベルはまちまちだとしても面白い人がいますから。

今井 なかなか上の雑誌にはいないもんね。まず新人がいないから。

──ああ、年齢層が高い雑誌だと、下の雑誌から移籍してくる作家さんもいらっしゃいますし。

新人作家の作品も多く掲載しているザ マーガレット(左)と別冊マーガレットsister(右)。

河野 純粋に投稿数も違うし、若い雑誌だとトップで描いている作家さん自体も若いじゃないですか。だから体力もあるし、伸びていく力もすごくあるので。上の雑誌でも、いろいろ描いてきて「ここで人生の代表作を描きましょう」というレベルの作家さんとお仕事をするのもすごく面白いんですけど、それとはまた違う面白さがありますね。新鮮でした。

──マーガレット、別マに投稿する若い新人作家さんの傾向はありますか?

今井 影響を受けたマンガが変わってきているなと感じることは多いですね。例えば少女マンガって、心象風景だったりメタファーだったりの描き方が多彩ですが、いろんな表現方法を駆使せずにモノローグだけで全部説明しちゃう新人さんがいる。それって少年マンガにおける対決シーンの作り方から影響を受けているのかもと思ったりします。少年マンガでバトルを描くときって、カッコいい絵でカッコいいアクションを描かないといけないから、いろんな要素の説明を一気にしちゃったほうが効率いいんですよ。でもそれを少女マンガでやってしまったらダメだと思います。マンガの世界はこの30年で、女性読者が少年誌や青年誌を読むのが当たり前になってきました。だから生まれてくるマンガの手法や文化が変わるのは、仕方がない面もありますが。

河野 今って、少年マンガ育ちの少女マンガ家さんがすごく多いんですよ。それを戻したいんです。私は少女マンガラバーなので、もうちょっと少女マンガを元気にしたい。

マーガレットコミックス特集 あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言 特集一覧・連載作品年表はこちら
第1回 河原和音
第2回 咲坂伊緒
第3回 神尾葉子
第4回 中原アヤ
第5回 森下suu
第6回 あいだ夏波
第7回 やまもり三香
第8回 水野美波
第9回 幸田もも子
第10回 宮城理子
第11回 佐藤ざくり
第12回 椎名軽穂
第13回 小村あゆみ
第14回 いくえみ綾
第15回 ななじ眺
第16回 八田鮎子
番外編 マーガレット&別冊マーガレット編集長インタビュー

期間限定!auの電子書籍ストアで読み放題

河原和音「青空エール」
咲坂伊緒「BLUE」
神尾葉子「虎と狼」
中原アヤ「ナナコロビン」
森下suu「まだ天の川にいけない」
あいだ夏波「スイッチガール!!」
やまもり三香「ひるなかの流星」
水野美波「青春トリッカーズ」
幸田もも子「誰がスッピン見せるかよ」
宮城理子「ラブ♥モンスター」
佐藤ざくり「おバカちゃん、恋語りき」
椎名軽穂「CRAZY FOR YOU」
小村あゆみ「Hot Milk」
いくえみ綾「子供の庭」
ななじ眺「パフェちっく!」
八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」

※各作品の読み放題提供期間はブックパスの特集サイトでご確認ください。

ブックパス

スマートフォンやパソコンで利用できるauの電子書籍ストア。月額562円(税別)でマーガレット作品も読み放題! 初回入会なら14日間無料でお試しもできる!

「マーガレット」

「マーガレット」

連載ラインナップ

ななじ眺「ふつうの恋子ちゃん」 / 宮城理子「メイちゃんの執事DX」 / やまもり三香「椿町ロンリープラネット」 / 森下suu「ショートケーキケーキ」 / あいだ夏波「圏外プリンセス」 / 小村あゆみ「森のたくまさん」 / 藍川さき「ケダモノ彼氏」 / 桃森ミヨシ×鉄骨サロ「菜の花の彼-ナノカノカレ-」 / 里中実華「雛鳥のワルツ」 / 小森みっこ「僕に花のメランコリー」 / 岩ちか「婚約生」 / 藤宮あゆ「てのひらシャーベット」 / ひろちひろ「年下の男の子」 / 森月あめ「叶恋どうぶつえん」

「別冊マーガレット」

「別冊マーガレット」

連載ラインナップ

河原和音「素敵な彼氏」 / 咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」 / 河原和音原作、アルコ作画「俺物語!!」 / 椎名軽穂「君に届け」 / 幸田もも子「センセイ君主」 / 水野美波「虹色デイズ」 / 八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」 / 南塔子「ReReハロ」 / 香魚子「きみとユリイカ」 / 安藤ゆき「町田くんの世界」 / 渡辺カナ「ハンキー・ドリー」 / オザキアキラ「ハル×キヨ」 / 山川あいじ「Stand Up!」 / 中河友里「それでも君が」 / 藤村真理「少女少年学級団」 / シタラマサコ「ギャルジャポン」 / 赤堀みゆき「暴走!保健室Dr.EX」 / シロヤギ「こっち向いて モブ宮くん!」