コミックナタリー

映画「珍遊記」本日公開!松山ケンイチ「修造カレンダーを役作りの参考に」

98

(左から)温水洋一、ピエール瀧、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、田山涼成。

(左から)温水洋一、ピエール瀧、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、田山涼成。

漫☆画太郎原作による実写映画「珍遊記」の初日舞台挨拶が、本日2月27日に東京・新宿バルト9で行われた。

イベントには山田太郎役の松山ケンイチ、玄奘役の倉科カナ、龍翔役の溝端淳平、じじい役の田山涼成、中村泰造役の温水洋一、変身前の山田太郎役のピエール瀧山口雄大監督、脚本の松原秀、張明役と脚本を担当した鬼ヶ島のおおかわらが登壇。「朝イチから観る映画じゃないと思うんですが(笑)、足を運んでいただきありがとうございます」という松山の言葉に始まり、倉科も「こんなお下品な映画のために朝早くからありがとうございます!」と挨拶。ほかの出演陣も、早朝に「珍遊記」を鑑賞した来場者へ感謝の言葉を述べた。

役作りについて聞かれた松山は「原作ものは外見を似せることも重要ですが、(『珍遊記』は)内面の部分を特に大事にしたいと思っていました。演じるときには『七人の侍』の三船敏郎さん、『無責任男』シリーズの植木等さん、千原せいじさん、松岡修造さんの4人がモデルとして頭にありましたね」と秘話を披露。モデルにした松岡の日めくりカレンダーを、現場で表情の参考にしていたというエピソードが語られた。

また続編があったら出演するか尋ねられた倉科は、「やりません!」と即答。周りの出演者が驚く中、「やりたいと思っていたんですけど、松山さんが『カナちゃんがバトルスーツを着ないとやらない』と言い出して……」と続ける。それに対し松山は「玄奘はあの衣装のせいで動きが制限されてるじゃないですか。続編をやるとしたら戦い方をもっと変えて、アクション寄りにした方がいい。抜群のプロポーションを持っているんだし」とコメント。すかさず瀧が「次は玄奘も裸で出ればいいんじゃない?」と提案し、続編制作が倉科の女優魂に委ねられるという展開に。

続けて、劇中ではアクションシーンを多く披露している温水が「松山くんにリードしてもらって、殺陣がすごくうまいこといきました」と謙虚に話すと、松山から「そんなことないですよ!温水さんめちゃめちゃ動けててびっくりしましたもん」「この映画でも最強の生き物でしたよね」との賛辞。またほかのキャストが3時間以上かかるという特殊メイクを施している中、温水は「僕はそんなにメイクもせず、ほぼそのまま出ました」と語り、会場の笑いを誘った。

最後に台湾、香港、マカオなど、8つの国や地域で公開予定であることが登壇者らに伝えられると、会場は拍手に包まれる。しかし山口監督は「やばいですね……。『西遊記』を日本流にアレンジしたらこうなったと広まって、日本が変な国だと思われてしまう」と日本への風評被害を危惧。「全部(漫☆)画太郎のせいですね。僕らのせいじゃありません!」とその責任をすべて原作者に押し付け、舞台挨拶の幕は閉じた。

映画「珍遊記」は本日より東京・新宿バルト9ほか全国にてロードショー。天下の不良少年・山田太郎が、僧侶の玄奘とともに旅をする様子が描かれている。

コミックナタリーをフォロー