コミックナタリー

映画「珍遊記」臭すぎるラーメン屋の親父・珍珍役に松尾諭

389

映画と原作の比較画像。(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会 (c)漫☆画太郎/集英社

映画と原作の比較画像。(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会 (c)漫☆画太郎/集英社

漫☆画太郎原作による映画「珍遊記」に、珍珍役で松尾諭が出演する。

珍珍は料理の味は絶品だが、その体が臭すぎるせいでいつも閑古鳥が鳴いているというラーメン屋の店主。松山ケンイチ扮する山田太郎と、倉科カナ演じる玄奘が、天竺を目指す旅の途中で立ち寄ることになる。3人がどのような掛け合いを繰り広げるのか期待しよう。

原作「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」は、札付きの暴れん坊・山田太郎が、僧侶の玄じょうとともに旅する様子を描くギャグマンガ。映画は2月27日に、新宿バルト9ほかにて封切られる。

コミックナタリーをフォロー