チュート徳井がカーネルコス「ケンタッキーは福田の10倍好き」

105

本日7月4日、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社によるイベント「KFC『オリジナルチキン手作りチャレンジコンテスト』」が都内にて開催され、チュートリアル徳井のほか、はしのえみ、料理研究家・寺田真二郎、優木まおみが登場した。

KFC「『オリジナルチキン手作りチャレンジコンテスト』」にカーネル・サンダースのコスプレで登場したチュートリアル徳井。

KFC「『オリジナルチキン手作りチャレンジコンテスト』」にカーネル・サンダースのコスプレで登場したチュートリアル徳井。

大きなサイズで見る(全16件)

4人はこのコンテストで、ケンタッキーの創業者であるカーネル・サンダースが生み出したという「オリジナルチキン」の手作り調理に、特にレシピを知らないまま挑戦。ケンタッキーの創業日という本日行われたこのイベントでは、彼らが事前に作っていたチキンの中で「いったい誰がもっともオリジナルチキンの味に近いのか?」を決定するべく、一般公募から選ばれた73名と日本KFCの5名、合計78名による審査が行われた。

会場には徳井がオリジナルチキンづくりに挑戦するVTRが上映され、その中で徳井は「僕、家でシフォンケーキを作るんです。気持ち悪いでしょう?」などとトークしながら調理を敢行。さまざまなスパイスを使った味付けをひと通り終えると「最後のスパイスは、カーネル・サンダースの愛です!」とトンチの効いたコメントを残した。壇上に姿を現した徳井はリアルなカーネル・サンダース風衣装で登場。「ヅラをつけると自分の親父に似ている」と自身の姿の印象を語ったほか、ケンタッキーのイメージについて「相方の福田が学生時代にバイトしていたので、その店舗によく行っていた。もともとコンビを組んだのも『ケンタッキーで働いている人であれば』と思ったから。ケンタッキーは福田の10倍くらい好きです」などとうそぶいた。

徳井は試食による審査の直前、自分が調理したレシピの完成度について「小麦粉にスパイスを混ぜたけど、揚げた後でどのくらい味が濃くなるかわからず難しかった」とコメントしたほか「これ、ガチですね! こんなドキドキするとは思わなかった!」と落ち着かない様子。しかし審査の結果、優勝に輝いたのは優木まおみで、優勝スピーチで優木に「気合が入っている」などとカーネルの姿をしていることに触れられると、徳井は「恥ずかしいからイジらないで!」と赤面していた。

この記事の画像(全16件)

チュートリアルのほかの記事

リンク