お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

全員集合でヒゲダンス、ももクロ子供祭りに加藤茶登場

221

本日5月5日、埼玉・戸田市文化会館にて「ももいろクローバーZ ~ももクロの子供祭りだョ!全員集合~」が開催。第二部のスペシャルゲストに加藤茶が登場した。

同ライブは小学生以下を対象としたこどもの日ならではの親子で楽しめるワンマンライブ企画。内容はタイトル通り、大人も子供も喜ぶ「8時だョ!全員集合」のオマージュとなっている。オープニングでは、かわいらしいフリルに懐かしの黒と白の模様をあしらったドリフ仕様の衣装で、リーダー百田夏菜子の「全員集合!」の掛け声とともに、会場の後ろからほかのメンバーたちが舞台に集合し、「チョットだけョ! 全員集合」の替え歌で「もも ももクロ もっちろりんのももクロ」などを歌った。

大人向けの怪しいももクロ勧誘CMの後は、ピンクの衣装を身にまとったミスタードラゴンこと東京03・飯塚が登場。彼はアイドル養成所で立派なアイドルを育てるため、現在5人の生徒たちを指導しているという。「ゼーット!」と会場に呼びかけると、低めの声で「あんまり元気がないな。もっと元気よく!」と子供たちをピンクのハート型サングラスごしに威嚇。もう一度呼びかけると「早い人がいる!」と、いつもの飯塚ツッコミが飛び出し会場が笑いに包まれたことから、大人たちがわざと早めに言うなど、飯塚のツッコミを期待していた。そして生徒5人が行進しながら登場するも、5人がアイドルご法度のおならを連発したためミスタードラゴンは激怒。「おならしちゃ絶対ダメ!」と叱ったが、5人はミスタードラゴンなどどこ吹く風で、煮干しを食べる(有安杏果)、大きいおにぎりを食べる(玉井詩織)、魚を食べる(高城れに)とやりたい放題の状況に。減らず口でミスタードラゴンを困らせる百田には観客も加勢し、ミスタードラゴンは「甘やかすな!」と観客にも叱り始めた。会場全体から責められ「こんな不利な状況ねーぞ」とこぼすミスタードラゴンだったが、彼女たちを鍛えるためにさまざまな特訓を開始。しかし逆に「おまえマジきもい」と全員からラップではやし立てられてしまい、さすがのミスタードラゴンも限界のようで「俺が傷つかないとでも思ってるのか!」と本音が飛び出し、「このままいったら泣いちゃうぞ!あと、お前(高城)これ(魚)すげー臭いから!」と思いの丈をぶちまけた。その後、飯塚と有安のダンス対決や、玉井とオバケ(弾丸ジャッキー・松雪オラキオ)対決などで子供たちは大盛り上がり。「杏果頑張れー!」と声援を送ったり、「しおりん、後ろ! 後ろ!」と一生懸命叫ぶ子供たちの声が会場中にあふれかえった。

続いては、神父の恰好をした飯塚率いるももクロ5人の合唱隊。テレビ埼玉のテレ玉くんも応援にかけつけ、「行くぜっ!怪盗少女」に乗せて、「野菜の名前」「武器の名前」などを次々に言っていった。体操のコーナーでは、オラキオが体操衣装にオバケメイクのまま登場。飯塚から「それ(メイク)取る時間なかった?」とツッコまれながらも、演技は元体操選手らしくスペシャルなアクロバットで会場を沸かせた。ショートコント「修学旅行の夜」には、飯塚が女装で登場。布団で寝ながらガールズトークに花を咲かせようとするが5人に無視されてしまう。先生の見回りでもなぜか自分だけ怒られる飯塚。それをグチグチ言い始めると、今度は玉井から「寝る前から言い訳するバカがいるかよ!」とビンタされてしまった。結局ほかの5人も騒ぎ過ぎて先生に「廊下で歌ってろ!」と怒られると、布団から飛び出し、「ももクロのニッポン万歳!」を熱唱。布団のセットに置き去りにされた飯塚は「何それ!?」とツッコミながらセットとともに捌けていった。

「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」の後は、舞台にレンガの壁、街灯、ベンチと、見たことのあるセットが。するとそこに、ザ・ドリフターズの加藤茶がタキシードとヒゲをつけて姿を現し、会場は「おおー!」という大歓声とともに大きな拍手が沸きおこった。ももクロの5人もつけヒゲで登場し、グレープフルーツを剣に突き刺す往年のコントに挑戦。加藤茶直々の指導で5人はそれぞれチャレンジに成功し、加藤も最後に「ももクロのコンサートに来れて俺は幸せ。こどもの日にちびっこたちに会えて嬉しいよ」と顔をほころばせた。そしてメンバーから加藤に「歯が磨きたくなる歌を一緒に歌っていただけると」「お風呂入りたくなるやつです」とお願い。加藤の「行ってみよう!」の掛け声とともに、飯塚、オラキオも登場し、全員で「ドリフのビバノン音頭」を歌った。途中「風呂入れよー」「歯磨けよー」のセリフは、「腹減ったー」「あーりんだよー」などのセリフに。最後は加藤が「宿題やんなくていいいや」と子供たちに寛大なメッセージを送り、「それじゃあまた会おう!」と幕が閉まった。

お笑いナタリーをフォロー