加藤浩次、オアシズ、ナイツ、ハライチ澤部が銅像から歴史を学ぶ

118

加藤浩次がMC、オアシズ光浦がMCアシスタントを務めるほか、オアシズ大久保、ナイツハライチ澤部、丸山桂里奈がパネラーとして出演する特番「日本全国!こんな所にスゴイ人 銅像スター調査隊!」(東海テレビ・フジテレビ系)が今月6月21日(日)に放送される。

「日本全国!こんな所にスゴイ人 銅像スター調査隊!」MCの加藤浩次(左)、MCアシスタントのオアシズ光浦(右)。(c)東海テレビ

「日本全国!こんな所にスゴイ人 銅像スター調査隊!」MCの加藤浩次(左)、MCアシスタントのオアシズ光浦(右)。(c)東海テレビ

大きなサイズで見る(全4件)

この番組は全国に約5000体以上あるとも言われている偉人の銅像をきっかけに、その偉人の謎を解き明かすアカデミックバラエティで昨年6月に続く第2弾。今回はプロ野球の巨人で活躍した沢村栄治ら4名の銅像が紹介される。その人物の実像に加えて、銅像が立っている街の歴史も浮き彫りに。

ナイツ (c)東海テレビ

ナイツ (c)東海テレビ[拡大]

収録後に加藤は「その人の歴史を勉強することで、銅像の見え方も変わってくる。今回紹介する銅像の人となりを見て、その場所に銅像がある意味が伝わるといいですね」とコメント。ナイツも「銅像スターのお話自体は全部知らなかったので、とてもためになりました」(塙)、「銅像から歴史を学ぶ、とてもいい番組だと思いました」(土屋)と話した。

プロデューサー・稲吉豊(東海テレビ)コメント

──番組制作にあたり苦労した点は?

すべてです(笑)。今回のために数カ月かけて取材準備を行いましたが、コロナの影響でロケができず、全ネタを差し替えました。以前この特番を東海ローカルで放送した時の評判がよかったので、過去の取材VTRを再構築し、全国のユニークな銅像を紹介するコーナーも新設しました。新コーナーは見た目で笑える銅像も多く、加藤浩次さんをはじめ全出演者に楽しんでいただけました。収録スタジオも急遽、名古屋から東京に変更するなど日に日に変わる状況に向き合いながらスタッフと乗り切りました。

──番組収録で工夫した点は?

銅像特番ならではの演出を加えながら、リモート収録を逆手に取った番組セットです。台座に縦長のビジョンを設置し、離れた場所にいるパネラーが銅像になったように映る世界観を構築。セット全体も金色にして名古屋っぽさと豪華さを出しました。銅像という“カタいもの”をいかに柔らかく、気楽に見られるかを考えて制作しましたが、偉人の生涯に必ずや心動かされると思います。好奇心を満たすエピソー ドも満載です。ぜひご覧ください。

この記事の画像(全4件)

日本全国!こんな所にスゴイ人 銅像スター調査隊!

東海テレビ・フジテレビ系 2020年6月21日(日)16:05~17:20
<出演者>
MC:加藤浩次
MCアシスタント:オアシズ光浦
パネラー:オアシズ大久保 / ナイツ / ハライチ澤部 / 丸山桂里奈

全文を表示

加藤浩次のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 加藤浩次 / オアシズ / ナイツ / ハライチ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。