お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

ミルクボーイ、劇場の夢を背負って「M-1」確かめに行く

495

ミルクボーイ。左から、駒場、内海。

ミルクボーイ。左から、駒場、内海。

ABCテレビ・テレビ朝日系で12月22日(日)に生放送される漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」。そのファイナリスト9組の中から、本日はミルクボーイのコメントを紹介する。

ミルクボーイは「M-1」初の決勝進出で、準決勝への進出も今年が初めてだった。彼らのほか、からし蓮根、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、インディアンス、見取り図、かまいたちと敗者復活の1組が決勝に登場する。

ミルクボーイ コメント

──決勝進出を決めた今のお気持ちを聞かせてください。

内海:信じられなすぎて、夢を見ているようです。こんなにトントン拍子で来られたのが初めてなので、ホンマに自分たちがあの「M-1」の舞台に立てるのか……と。「M-1」の決勝は観るものだったので、出ることが信じられないです。

駒場:準決勝まで来られたのも初めてなので、どれくらいだったら決勝に行けるものなのか、手ごたえも何もわからなくて。「M-1」決勝は(自分にとって)テレビの中のものだったので、ホンマに実在しているものやと思ってませんでした。架空の番組やと思ってました。

内海:あのせり上がりで舞台に上がるんか~。

駒場:いや、さすがにあのせり上がりは実在するかわからんで?(笑)

──自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか?

駒場:ほかとかぶらない言葉を選ぶようにはしています。ネタを作るときにほかの芸人と似たような言葉だと「○○が似たようなこと言ってる」とはじくことがあります。

内海:どのファイナリストよりも、数倍はスベってきました。渋いお客さんにはウケるんですが、若いお客さんだとスベるどころか見てももらえなかったりして。

駒場:僕ら、若いコのファンがほとんどいないので。漫才中にネタを見ないでカバンをガサゴソしてるお客さんがいたりするのをステージの上から見てて。なのでだいぶ耐性はついてます。

内海:決勝で多少スベろうとも、堂々とネタをできると思います。

──ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?

内海:かまいたちさん。僕らファイナリストの中で、芸歴では上から2番目なんです。先輩と漫才で戦えるのはすごくうれしい。

駒場:先輩がいるうちに決勝に来られたのはうれしいですね。すゑひろがりずも、今のネタの形が生まれたての頃から見ているので、一緒に出られるのはうれしいです。

内海:からし蓮根とは同じ「よしもと漫才劇場」に出ていて。準決勝の会場に行くときに偶然に伊織と会ったので、3人で会場入りしたんです。その3人でファイナリストになれるとは!

──敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?

内海:和牛さん。あと、ラストイヤーのほうが怖いです。天竺鼠さんとか。

駒場:敗者復活で名前を呼ばれても、ボケ倒してすんなりスタジオまで来なそうやし。あの人ら、なんでもやりそうなので(笑)。その状況を遊びまくって、全部持っていきそうですよね。

──優勝賞金1000万円の使い道は?

内海:行きつけの散髪屋さんが、角刈り技能コンテストで全国3位になったことがあるすごい技術を持っている方で。そのお店に「僕がM-1で優勝したら、僕専用の散髪台を作らせてください」とお願いしてあるんです。「500万円で足りるかー!」と言われたんですが、そんなにしないと思って「じゃあいくらですか?」と聞いたら「80万円」。どないやねん!と。

駒場:自宅にマシンを揃えて、ホームジムを作る夢を叶えたいです。あと、ホンマの奴を言うたら、2人ともずっとお金がないので、後輩芸人だとかに結婚や出産のお祝いを全然渡せていなくて。報告を受けても「おめでとう!」だけでスルーし倒してきているんです。

内海:これまでのぶん、みんなにお祝いを渡したい。それはずっと2人で話していますね。

──「M-1」で勝ち上がるために特に取り組んできたことがあれば教えてください。

内海:「漫才ブーム」という僕らが主催で、金属バット、デルマパンゲ、ツートライブと4組でのユニットライブを3年ほど前に立ち上げたんです。プレッシャーを感じるために、面白い後輩を挟みながらトップもトリも僕らがやるという構成。スベれない状況に追い込んでやってきたので、一番の力になったと思います。

駒場:最初は小さい会場だったのが、12月16日にはNGKでやらせてもらえるまでになって。

内海:今年は全国ツアーもできました。今まではネタ中に関西でしかわからないワードなどもあったんですが、それだと全国では通じないので、どこでもどの世代でもわかるようなネタを、と意識するようになりましたね。

駒場:だから決勝に行けたのは、この3組のおかげです。

──決勝へ向けて意気込みを!

内海:「こんなに応援されてたんや」と驚くほど、周りの人たちが「がんばって」と声をかけてくれるんです。僕らは正直あまり人気がなくて、人気ない芸人の中で「ミルクボーイが決勝に行ったら夢がある!」とずっと言われていましたし。劇場にも面白い芸人さんがたくさんいるので、その夢を背負わせてもらいます。

駒場:今まで準決勝にも行けたことがなかったので「準決勝に行きたい」と言っていて、準決勝進出が決まったら決まったで「決勝に行きたい」と。ここまで来たら優勝したいです。決勝が架空のものやないかを見に行かないと。

内海:そうですね、「M-1」を確かめに行ってきます。

M-1グランプリ2019

ABCテレビ・テレビ朝日系 2019年12月22日(日)18:34~22:10
<出演者>
MC:今田耕司 / 上戸彩
審査員:オール巨人 / 上沼恵美子 / 立川志らく / サンドウィッチマン富澤 / ナイツ塙 / 松本人志 / 中川家・礼二
笑神籤プレゼンター:稲垣啓太 / 福岡堅樹 / 堀江翔太
リポーター:麒麟・川島 / ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
決勝進出者:からし蓮根 / ミルクボーイ / ぺこぱ / オズワルド / すゑひろがりず / ニューヨーク / インディアンス / 見取り図 / かまいたち
霜降り明星
ほか

M-1グランプリ2019 敗者復活戦 ~国民全員審査員~

ABCテレビ・テレビ朝日系 2019年12月22日(日)13:55~16:25
<出演者>
MC:陣内智則 / 新川優愛
リポーター:ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
出場者:アインシュタイン / マヂカルラブリー / ダイタク / くらげ / セルライトスパ / ラランド / 天竺鼠 / 錦鯉 / カミナリ / 東京ホテイソン / ロングコートダディ / 四千頭身 / ミキ / 囲碁将棋 / トム・ブラウン / 和牛

お笑いナタリーをフォロー