お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バナナマン設楽「ペット2」内藤剛志との共演に感慨、興味持たれない日村が嫉妬

657

バナナマン

バナナマン

バナナマンが本日6月24日、都内で行われた映画「ペット2」の日本語吹替版完成会見に出席した。

「ペット」は飼い主が留守にしている間のペットたちの様子をユーモラスに描くコメディで、前作に続き2でも設楽が主人公の雑種犬・マックス、その相棒デュークに日村が声を当てている。今作では彼らの飼い主ケイティが結婚し、リアムを出産。リアムへ愛情を注ぎ、家族や仲間を守るために心の弱さを乗り越えようとするマックスの成長が描かれる。

設楽は「観るとあったかい気持ちになって元気をもらえる作品」と今作を紹介。佐藤栞里がケイティ役で続投しており、「栞里ちゃんにずっと飼ってもらってるっていうのはうれいしい」と笑顏をみせると、佐藤も「(母になったケイティを演じるにあたり)どうやって母性を出そうかと思ったんですが、マックスとデュークとリアムがものすごくかわいくて、自然と母性があふれた。2人(設楽と日村)のおかげで母になれました」と笑った。

今作には内藤剛志がマックスの成長のカギを握る農場犬のルースター役で参加している。10年以上前からバナナマンのファンで、夏恒例のバナナマンライブに足を運んでいるという内藤。そんな交流を持つ内藤を迎えることに、設楽は「一緒にアフレコしたわけではないけど、こうやってがっつりとお芝居でやり取りするのは初めてでうれしかった。ルースターに認めてもらえることがうれしいっていうマックスと自分が重なる部分もあって」と感慨深げに語る。そして「劇中ではマックスがルースターに認められた証みたいなものをもらうんですが、現実の世界でも何かほしいなと思っているんです。ください(笑)」とねだってみせた。

前作ではマックスとマウント合戦を繰り広げていたデュークについて、日村は「マックスとはギスギスしていたし、性格もちょっとねじまがったワンちゃんだった。でも2までの3年間でものすごい丸くなっていて、もう別の犬みたい(笑)。ものすごくかわいくて素敵な犬になってるので、そこも観てほしい」とアピールする。一方で、設楽と内藤のトークを受けて「マックスはルースターとガンガンやりあうからうらやましい!」と訴える場面も。「内藤さんはバナナマン2人に優しいけど、ルースターって役は全然デュークに興味ない!」と寂しがったが、内藤は「デュークは勇気があるんだよ。マックスはちょっと心が弱い。ルースターはそれを見抜いていたんだと思う」と自身の解釈を話して日村を落ち着かせた。

「ペット2」は7月26日(金)に全国公開。永作博美がツンデレ猫のクロエ、伊藤沙莉がかわいいけれど負けん気の強いシーズー・デイジー、宮野真守が悪徳サーカス団のセルゲイの吹替を担当している。

(C)Universal Studios.

お笑いナタリーをフォロー