お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バナナマン日村演じる大型犬デューク、ウシに挑発されるも笑顔で「じゃあね!」

264

「ペット2」より。左側奥がバナナマン日村演じるデューク、手前が設楽演じるマックス。

「ペット2」より。左側奥がバナナマン日村演じるデューク、手前が設楽演じるマックス。

バナナマンが声優として参加している映画「ペット2」より、日村演じる大型の雑種犬デュークが挑発的なウシに煽られるシーンが解禁された。

設楽演じる主人公のマックスとその相棒デュークは、ペット仲間たちと暮らすニューヨーク・マンハッタンを離れ、田舎の牧場で休暇を満喫中。無邪気なデュークは牧場で飼われているウシに近づき、鳴き声をマネしながらちょっかいをかける。これにムッとしたウシは犬の特性を悪意たっぷりにモノマネし、デュークを挑発。しかしデュークはそんなからかいを気にも留めず、笑いながら「じゃあね!」とその場を後にする。

デュークを演じた日村は、先日行われた日本語吹替版完成会見で「2までの3年間でものすごい丸くなっていて、かわいくて素敵な犬になっている」とアピール。マックスが成長していく姿と共に、お調子者でおおらかなデュークにも注目だ。

「ペット2」は7月26日(金)に全国公開。今作ではマックスが家族や仲間を守るために心の弱さを乗り越えようとするさまが描かれる。

(c)Universal Studios.

お笑いナタリーをフォロー