お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

松本人志、恐怖の娯楽施設を描いた“ゲキメーション”映画でナレーション

154

映画「バイオレンス・ボイジャー」に松本人志サバンナ高橋、ココリコ田中が参加する。

5月24日(金)より東京・シネ・リーブル池袋ほかで公開される「バイオレンス・ボイジャー」は、アニメーションと劇画を融合させた“ゲキメーション”という手法で描かれた作品。映像作家や画家として活動している宇治茶が監督、脚本、編集、キャラクターデザイン、作画、撮影を担当しており、「ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭」コンペティション部門では審査員特別賞を受賞した。

ストーリーは、アメリカ人少年・ボビーと友人のあっくんが村はずれの山で謎の娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”を見つけ、恐怖体験に巻き込まれてしまうというもの。松本人志はナレーションを担当し、サバンナ高橋はあっくん、ココリコ田中はボビーの父親・ジョージに声を当てた。声優キャストにはほかにも悠木碧藤田咲小野大輔田口トモロヲといった面々が名を連ねている。

(c)吉本興業

お笑いナタリーをフォロー