お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

芸人のレアな名曲を収録したコンピ盤発売

4月28日に、コンピレーションCD「お笑いGOLDEN☆BEST」が発売される。

これは、さまざまな芸人が過去に歌ってきた楽曲を1枚のCDにまとめたもの。明石家さんま初期の代表曲「いくつもの夜を越えて」を皮切りに、伊集院光のラジオから誕生した荒川ラップブラザーズの「アナーキー・イン・AK」、高田純次が1970年の大ヒット曲「老人と子供のポルカ」をカバーした「適当男のポルカ」、作詞・秋元康、作曲・忌野清志郎という布陣によるダチョウ倶楽部の「ベジタリアン・ルンバ」、ナインティナイン清水ミチコによる「愛したひとはバツイチ」など、今では手に入りにくい音源が満載の内容となっている。

ほかにも、今田耕司東野幸治おぎやはぎ、所ジョージ、NO PLAN、山田花子&PUFFY、ふかわりょう藤井隆FUJIWARAらの楽曲が収録。芸人の音楽活動に関心がある人は、ぜひ聴いてみよう。

お笑いナタリーをフォロー