お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

松原タニシの事故物件怪談集6万部超え「こんな本買うんじゃなかった!」が本望

507

事故物件住みます芸人・松原タニシの著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房)が6万部を突破。反響を受けて松原からコメントが到着した。

6月26日に発売された本書は身近な住宅地や繁華街に存在する“ワケあり物件”の不思議な話を、すべて間取り付きで紹介する怪談集。「世間を震撼させた凶悪殺人事件が起きた部屋」「住人が連続で自殺する部屋」「2年に1回死ぬ部屋」「インターホンにおじいさんの幽霊が映る部屋」「黒い人がゆっくり近付いてくる部屋」といった、松原自身が体験したエピソードを収録している。

「僕が5年間事故物件に住み続けた経験の集大成をたくさんの方が読んでくださってうれしいです。これも各書店さんがタレント本コーナーやホラー小説コーナーだけでなく、建築コーナー、ハウジングコーナー、インテリアコーナー、ガーデニングコーナーにまで置いてくださってるお陰です」と感謝する松原。「この本を手にした人が『こんな本買うんじゃなかった!』となってもらえたら本望です」と語った。なお8月23日(木)には神奈川・有隣堂アトレ川崎店 特設会場にて発売記念トークイベントを実施する。

「事故物件怪談 恐い間取り」刊行記念 書店トークイベント

日時:2018年8月23日(木)18:00~
会場:神奈川・有隣堂アトレ川崎店 特設会場

お笑いナタリーをフォロー