お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

映画「ひらがな男子」応援上映にバカリズム驚き「こんな大がかりになるなんて」

1409

左から夢眠ねむ、バカリズム、小出祐介。

左から夢眠ねむ、バカリズム、小出祐介。

本日3月16日、バカリズムが脚本を担当したアニメ映画「劇場版 ひらがな男子 ~序~」のプレミア上映会が東京・TOHOシネマズ 新宿で実施された。

ひらがなを擬人化した「ひらがな男子」は、バカリズム、小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむでんぱ組.inc)が出演する番組「アイキャラ」(日本テレビ)から生まれたキャラクター。「劇場版 ひらがな男子 ~序~」は、メインキャラの“あ”による仲間探しの旅が描かれる。

本日の上映会では舞台挨拶も行われ、「アイキャラ」出演者や声優キャストの梶裕貴、市川太一、矢野奨吾、大地葉、篠田みなみ、監督の水島精二、アニメ制作プロダクション・株式会社サンジゲンの代表取締役・松浦裕暁氏が出席した。「劇場版 ひらがな男子」は“応援上映”用に制作されているため、バカリズムは冒頭で「普通の作品よりも応援を要求されると思いますので、皆さんどんどん応援してください。声出していこー!」と呼びかけ。本編が始まると、観客は作品の世界に入り込んでキャラクターたちに声援を送っていた。

上映後、改めて登壇したバカリズムは「楽しかったです。観客の皆さんはビックリするくらい声を出すように求められたと思いますけど、これが僕なりの応援上映です」と笑いながらコメント。小出は「アニメ映画としてはもちろん、升野さん(バカリズム)作品としても楽しめました」と語り、夢眠も「升野節が炸裂してましたね! あと応援上映の猛者の方々がチラホラいて、その人たちの応援にも笑わされました」と感想を述べる。また彼女は「劇中の最後はヤバいことになりましたね! ここだけはネタバレせず、SNSとかで『とにかく最後がヤバい』とだけ伝えてください」と観客に念押しした。

司会から「脚本を書く上でこだわった部分や大変だった部分はありますか?」と質問されたバカリズムは「2、3時間じゃ収まりきらない情報量なので、どこを省くかという作業には苦労しました」と回答。さらに「『“ぬ”のあの武器なんだよ!』みたいなツッコミもあるかと思いますが、そこらへんの説明はバッサリとカットされてます(笑)。でも監督が伝わるように作りこんでくれたのでよかった」と水島監督の手腕を称賛していた。

上映会後の囲み取材では、バカリズムが「(ひらがな男子が)こんな大がかりなことになるなんて知らなかった。今日、会場に来て『え、こんなことになってんの!?』って驚きました」と苦笑い。全国のひらがな男子ファンへの一言を求められると「とりあえず劇場に足を運んで、とにかく声を出してください!」とコメントし、イベントを締めくくった。

映画「劇場版 ひらがな男子 ~序~」は5月11日(金)よりTOHOシネマズ 新宿などで公開される。また本日のイベントでは、プレミア上映会の模様が3月29日(木)深夜の「アイキャラ」でオンエアされること、来月4月から番組がシーズン4に突入することも発表された。

※記事初出時より一部画像を削除しました。

※記事初出時、写真のキャプションに誤りがありました。お詫びして訂正します。

お笑いナタリーをフォロー