お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

KOC王者集結「田沼旅館」舞台挨拶、コロチキだけ忘れられてやっべぇぞ!

149

映画「田沼旅館の奇跡」初日舞台挨拶の登壇者たち。

映画「田沼旅館の奇跡」初日舞台挨拶の登壇者たち。

昨日12月5日、「キングオブコント」王者たちが出演している映画「田沼旅館の奇跡」の初日舞台挨拶が東京・池袋シネマ・ロサにて行われた。

「田沼旅館の奇跡」は、さびれた温泉旅館を舞台に、追い詰められながらも人生の再起を図る人々を描いたシチュエーションコメディ。舞台挨拶にはキャストのバッファロー吾郎東京03角田と飯塚、キングオブコメディロバートバイきんぐ西村、かもめんたるシソンヌ、夏菜、遠藤久美子と監督の井手比左士が登壇した。

コントに興味がないという役どころを演じた東京03飯塚は、撮影中に全力でネタを披露するバイきんぐを前に「笑いを堪えるのが大変だった」と回想。本人役で登場するバイきんぐ西村は「僕の銀幕デビューがまさか本人役とは」と驚きながらも、「作品中の『ネタ作ろう』というセリフは現実では1回も言ったことがない」と力説する。

大御所の演歌歌手役のロバート秋山は「食事制限をした」「日焼けサロンに行った」と嘘か本当かわからないような役作りのエピソードを連発。舞台挨拶でMCを務めたタケトは、そんな秋山について「1人だけコントの演技をしていましたよ(笑)」と指摘する。かもめんたる・う大は撮影に使用した卓球のラケットを壇上へ持参し、卓球の腕が一気に上達したことをアピールした。

舞台挨拶の終盤には「田沼旅館の奇跡」の宣伝大使・コロコロチキチキペッパーズがステージに登場し、この作品の魅力を説明したほか、次回作の出演に意欲を示す。またタケトが、この舞台挨拶に登壇者全員でバス移動する際にコロチキだけ置き去りにされそうだったことを明かすと、ナダルは「僕らだけ忘れられたんだ。やっべぇぞ!」とギャグを放って会場の笑いを誘った。

お笑いナタリーをフォロー