お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

我が家、てんぷくトリオのコントは僕らのもの

69

本日6月18日、舞台「こまつ座 第104回公演『てんぷくトリオのコント』~井上ひさしの笑いの原点~」の開幕直前会見が、会場の東京・あうるすぽっとにて行われた。

てんぷくトリオのために井上ひさしが執筆したコントを我が家が演じる「てんぷくトリオのコント」。監修・脚本はラサール石井が担当する。会見で我が家・坪倉は「ドキドキする。てんぷくトリオを見てきた方にも今の若い方にも笑っていただきたい」と挨拶。谷田部は「お客さんの反応を見て、本当にウケるネタがあればキングオブコントに持っていきたい」と軽い調子で話し、杉山に「てんぷくトリオさんのネタだから!」とツッコまれた。

稽古は3週間にわたって行われた。杉山は「やってみて初めて難しさに気付いた」と明かすが、坪倉は「今は完全に僕らのものになった。てんぷくトリオさんより稽古している」と胸を張る。さらにてんぷくトリオの一員としても活動した伊東四朗と会った際、今回の公演について「本当にうれしい」と声を掛けられたことを振り返り「気が楽になった。伊東さんには会場にお金を払って来てもらいたい」と不遜な様子で話して記者の笑いを誘った。

共演の俳優・山西惇も「稽古初日から、明日お客さんに見せていいようなテンションだった」とお墨付きを与える我が家の芝居。本日は会見に先駆けて舞台本編のコント「歌舞伎の附(ツケ)」などが披露され、本番へ向けて上々の仕上がり具合を見せた。公演は明日6月19日(木)より7月6日(日)まで行われる。

こまつ座 第104回公演「てんぷくトリオのコント」~井上ひさしの笑いの原点~

日程:2014年6月19日(木)~7月6日(日)
会場:東京・あうるすぽっと
コント:井上ひさし
脚本・監修:ラサール石井
演出:青木豪
出演:我が家 / 山西惇 / 佐藤真弓 / 市川しんぺー / みのすけ / 伽代子
6月21日(土)19時公演ゲスト:ホンジャマカ+アンガールズ田中
6月22日(日)14時公演ゲスト:ネプチューン
7月5日(土)19時公演ゲスト:コント赤信号
入場料:6500円 学生割引4500円(全席指定)
チケット販売中
問合せ:こまつ座(TEL 03-3862-5941)

お笑いナタリーをフォロー