自粛タイムを笑って過ごす、芸人おすすめネタ動画 第6回 [バックナンバー]

ヒコロヒー編

「みんなで前代未聞の設定ガバガバ在宅ヒーローに」

187

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛を余儀なくされ、お笑いライブも続々と中止が発表されている昨今。そんな状況に気を落としている読者に向けて、お笑いナタリーでは芸人におすすめネタを聞き、コメントと共に紹介していく連載企画を展開中。第6回はヒコロヒーに登場してもらう。

ヒコロヒーのおすすめネタ

ジャルジャル「人質のチョイス間違えた奴」

ジャルジャルさんのコントにおける「音感」の面白さがとんでもなく好きだ。高校生が唱え続けるオバハン、江戸っ子探偵のイーカゲンニシテオクンナマシ、部活紹介のキャプシニーヤ、変なキャラのヘガクシェ。設定やキャラクターのみならず「音感」の可笑しさが奮っている。問答無用で笑かされる旋律が凄い。私は人質のチョイス間違えた奴の、間違えたことにすぐ気づいた賢さを尊敬している。

ななまがり「山口晶」

ななまがりさんは「名門音大を出たけど、道化師の格好して路上でアコーディオン弾いてる人たち」みたいな雰囲気がある。圧倒的な実力と正統派コント師としての確かな素地がありながらも、そこに目がいかなくなる程のとんでもない独創性はいつも衝撃的なほど私たちを笑かしてくれる。私は山口晶さんの、大きな声で返事ができるところを尊敬している。

銀兵衛「パン屋の店員…」

とにかくMOROHAみたいな口ぶりで一心不乱に語りかけてくる左の子と、左の子がMOROHAみたいになっている間、ツッコむでも説明を入れるでもなくなんなのかわからない表情でただ佇んでいる右の子。奇妙な違和感の中、奇怪な口ぶりの奇抜な思想がなぜかどんどん説得力を帯びていくさまは、そこに飲み込まれていく悔しさがありつつもひたすら面白い。私はパン屋の店員のことを基本的に尊敬している。

コメント

世界を救うために、命をかけて悪役と死闘を繰り広げなければならないわけでも、政治家の家に忍び込んで機密文書を盗まなければならないわけでも、自分で武器と水を入手して戦闘し生きながらえていかねばならないわけでもない。私たちは世界を救うために、ただ家にいればいいという。しかもネットフリックス可。お菓子も可。寝るの可。漫画可。かなりこっち寄りの好条件で簡単に世界を救えそうである。

こんなヒーロー側にゲロあま設定のパンデミック映画があったって「なんやこの設定? 家おったら命を救う? どういうジャンルの設定? なんやこれ税金対策で作った映画か?」と観ないはずだが、しかし実際問題、この世界は今、確かにこの設定なのである。

とんでもない設定だけれど、家にいることで世界を救う、世のため人のためと家にこもるこの日々を、これはこれでと可笑しみ、自分の毎日を「ない」ものに焦がれるのではなくて「ある」ものに満足していくふうにできればいいと思う。喫茶店が恋しいと嘆くよりも、家で淹れたコーヒーがちょうどの温度だったとか、こっちの目だけ二重やなとか、些細なくだらないことでもあるものを楽しんでいきたい。

典型的なモンゴロイドフェイスのくせにヨーロッパの訓戒なんかを持ち出して恐縮ではあるが、ドイツのことわざに「ユーモアとは『にも関わらず』笑うことだ」というものがある。つい疲弊してしまう瞬間は必ずあるかもしれないけれど、そんなときこそ、こんな設定にも関わらず、という気持ちで、皆さん一人ひとりのユーモアの感性をもってして「にも関わらず」笑いながら、みんなで前代未聞の設定ガバガバ在宅ヒーローになっていけたらと思う。

お知らせ

YouTubeチャンネルがあります。「hiccorohee」というスペルで入力しないと出てこないそうです。ネタも見てみてください。noteもしています。

ヒコロヒーYouTubeチャンネル「hiccorohee official」
こちらから

note
こちらから

ヒコロヒー

1989年10月15日生まれ、愛媛県出身。大学在学中の2011年より大阪で活動をスタート。2014年に東京へと拠点を移す。「ヒッコロコント」と称する1人コントで知られるほか、「IPPONグランプリ」の予選会「IPPONスカウト」で評価されるなど大喜利でも魅力を発揮。「M-1グランプリ2019」には元ピーマンズスタンダードのみなみかわと組み、3回戦まで駒を進めた。松竹芸能所属。

バックナンバー

リンク

関連商品