安田レイ「Sunny」 PR

安田レイ|自分の言葉で歌う“新しい私”

初の作詞作曲ナンバーで表現したもの

──2曲目には安田さんが初めて作詞・作曲を手がけた「bring back the colors」が収録されています。

安田レイ

私は普段からいろいろな言葉をメモとして書き溜めているんですけど、その中に曲にしたい詞があったのでピアノでコードを付けながら作っていきました。詞のイメージとしては、自分自身の中に眠っている幼い頃のピュアな自分が、今の自分に対して語りかけているような雰囲気なんですよね。「何も怖がらずに飛び込む勇気があったあの頃の自分はまだ存在していますか?」みたいな。大人になっていくとよくも悪くも見ている景色が色褪せていくもの。でも、すべてが色鮮やかでキラキラした世界に見えていた幼い頃の気持ちも私は常に忘れたくないなって思うんです。そんな思いを込めた詞になっていますね。

──サウンドに関してはどんなイメージで?

この曲はサウンドにもすごくこだわったんですよ。「最初はゆっくりと海に沈んでいくような雰囲気を出したいです」とか「泡のような雰囲気を感じたいんです」とか「サビではカラッとさせたいんです」とか、アレンジャーさんにはかなり細かくいろんな意見を言わせていただきました。私の中にあったイメージをそのまま全部伝えたら、想像以上のものに仕上げてくださったのですごくうれしかったです。

──完成形が明確に見えていたんですね。じゃあ歌も迷うことなく?

そうですね。「Sunny」とは対照的に、こちらでは自分の中から自然と出てきた感覚的な歌い方そのままでレコーディングした感じでした。

──聴き手のすぐそばで歌ってくれているような、距離感の近い歌になっていますよね。

安田レイ

あ、そこはけっこうこだわりましたね。サウンド的にちょっと洋楽っぽい雰囲気があるので、声とビートが前面に出ているようなものにしたかったんです。こだわってレコーディングしたことで、目の前で歌っているかのような、声を近くに感じる仕上がりになったと思いますね。あともう1つこだわったのはブレスかな。

──あー! 最後のサビ頭で大きくブレスしますよね。かなり印象的でした。

うれしい。サウンドがスッと静かになって、ブレスが印象的に響くシーンを絶対に作りたかったんですよね。気付いていただけてよかったです(笑)。

──ファルセットを多用した大サビにもグッときましたし、聴きどころ満載な曲ですよね。シンプルだけど中毒性の高い曲だと思います。

大サビはかなり上がったり下がったりする変わったメロになってますよね(笑)。全体的には音数も少ないし、あえて感情的ではない曲にしたところもあったんですけど、大サビではちょっと感情を爆発させてガラッと空気を変えるのもいいかなって。

いろんな武器があったほうが強い

安田レイ

──安田さんはこれまでさまざまなタイプの曲を歌ってきていますけど、ここまで洋楽ライクなサウンドは案外初めてかもしれないですよね。そこはやはりご自身の嗜好が出たということなんですかね?

そうだと思います。作曲は引き続きどんどんやっているんですけど、自分から出てくるのはどうしても好きなものばかりになっちゃいますよね(笑)。私のルーツは洋楽のR&Bだったりするので、そういうテイストが自分の作る曲のカラーの1つなのかなって。これからもそういう部分をどんどん表現していけたらいいなって思ってます。

──さまざまサウンドスタイルと、それに合った表現の幅を持つことはアーティストとしての大きな武器になるはずですからね。

そうだと思います。デビュー当時の私は1つの武器だけで勝負に出る感覚があったけど、活動を続けていく中で「いろんな武器があったほうがやっぱり強いよな」って思うようになりましたからね。今回の「Sunny」と「bring back the colors」の2曲だけ見ても、表現の仕方はまったく違う。それは自分にとっての武器なのかもしれないなって改めて思います。

──自作曲が世に出たことで、ここからの活動が楽しみになってきました。

私も楽しみです! 今作で作曲については第一歩を踏み出せたので、今度はシングルの表題曲を狙いたいし、自作曲だけで構成したアルバムも作ってみたいですね。シンガーとしてはいろんな方とコラボをしたい欲求もあるんですよ。素敵な歌声でブラックミュージックを表現されている向井太一さんやSIRUPさんのような方々と一緒に歌わせていただくことが今の夢ですね。これからも新しい扉をどんどん開けていこうと思います!