うたパス「Listen with」特集 PR

Listen with 村松拓(Nothing's Carved In Stone)|ファンと共有する邦楽フェイバリットソング

定額制音楽配信サービス「うたパス」で展開されているソーシャル機能「Listen with」。この機能ではアーティストやタレントが再生する楽曲、プレイリストをリアルタイムで聴きながらチャットに参加することができる。「うたパス」および「KKBOX」アプリではこれまでに何度も「Listen with」のイベントが開催されており、さまざまなアーティストがファンとのコミュニケーションを楽しんできた。

音楽ナタリーでは7月から9月まで「Listen with」のレギュラーアーティストを務めている村松拓(Vo, G / Nothing's Carved In Stone)の8月16日の登場回をレポート。配信終了後には村松本人にインタビューを実施し、「Listen with」でオンエアされた「村松拓が選ぶ好きな邦楽」というテーマのプレイリストや、10月7日に行われる東京・日本武道館公演「Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN」などについて話を聞いた。

取材・文 / 近藤隼人 撮影 / 西槇太一

イベントレポート

7月から毎月1回「Listen with」にレギュラーDJとして登場している村松は、2回目となる8月のプログラムで今年結成10周年を迎えたNothing's Carved In Stoneのナンバーや、「村松拓が選ぶ好きな邦楽」というテーマのもと作成したプレイリストを配信。2015年9月に発表したアルバム「MAZE」のオープニングナンバー「YOUTH City」を1曲目にプレイした村松は、序盤に自身のバンドの楽曲を連続で届けていく。1stシングル曲「Around the Clock」の再生中には「この曲はライブの定番。1stalbumのツアー中にライブライクな曲をつくる為に、新潟のあぽろんというスタジオで作曲しました。。。」と制作の裏話を明かした。

村松拓(Nothing's Carved In Stone) 村松拓(Nothing's Carved In Stone)

Nothing's Carved In Stoneの楽曲をうたパス、KKBOXユーザーと一緒に聴いたあと、村松は今回のテーマである「村松拓が選ぶ好きな邦楽」に沿ったプレイリストを再生。十代の頃に何度も聴いたというBACK DROP BOMB「Blazin’」や、ライブハウスで最初に演奏した曲だというTHE BLUE HEARTS「少年の詩」、そして村松が愛するバンドとしてファンにおなじみのbacho「NENASHIGUSA」などを次々に流すと、チャット画面には「始めましてのバンドだったので調べたら、色んな歴史があるんですね。こういう音楽の出逢いも有り、ですね」「拓さんの選曲にNothing'sぽさが感じられないので新鮮」といったユーザーの感想が並んだ。また村松は「武道館までに決まるように就活頑張ろ……(笑)」というコメントに対して顔文字と共に「就活がんばって」とエールを送るなど、ユーザーとのチャットを楽しんでいた。

村松拓(Nothing's Carved In Stone)

この日2度目のNothing's Carved In Stone の楽曲コーナーを経て、村松は「さて、昨日見てまいりました。最高」と投稿して前日に生形真一(G)が在籍するELLEGARDENの千葉・ZOZOマリンスタジアム公演を観に行ったことを報告。同バンドのナンバー「高架線」がオンエアされると、「いいなぁ~」「泣く泣く泣くぅー」といったコメントでチャット画面があふれかえった。その後、米米CLUB「sure danse」を流し、「ギターの博多めぐみさん。好きですね。特に初期のルックスが笑 すげー可愛い女の子が上手いカッティングしてる!!と、衝撃でした」と女装してパフォーマンスしていた初期メンバーの坂本琢司について笑いながら書き込んだ村松は、中学2年生のときに学校の先生に勧められて聴き始めたという尾崎豊の「路上のルール」などを選曲。そして「近年ひなっちのエロさが素晴らしいです。プレイの」とバンドメンバーである日向秀和の話に触れつつ今年2月発表の最新アルバム「Mirror Ocean」の収録曲を届け、10月の日本武道館公演について「僕らのためというよりは、10年分の感謝も込めて。皆と共に」と語って「Listen with」レギュラー第2回を終えた。

Listen with 村松拓(Nothing's Carved In Stone)

「村松拓が選ぶ好きな邦楽」

  1. YOUTH City / Nothing's Carved In Stone
  2. Around the Clock / Nothing's Carved In Stone
  3. Mirror Ocean / Nothing's Carved In Stone
  4. Just a beginning / HUSKING BEE
  5. Blazin' / BACK DROP BOMB
  6. 少年の詩(デジタル・リマスター・バージョン) / THE BLUE HEARTS
  7. 空いろのくれよん / はっぴいえんど
  8. ゆらゆら帝国で考え中(Singles 1998-2002)/ ゆらゆら帝国
  9. Nenashigusa / bacho
  10. ツバメクリムゾン / Nothing's Carved In Stone
  11. Perfect Sound / Nothing's Carved In Stone
  12. Brotherhood / Nothing's Carved In Stone
  1. Ignorance / Nothing's Carved In Stone
  2. 高架線 / ELLEGARDEN
  3. sure danse / 米米CLUB
  4. 路上のルール / 尾崎豊
  5. 夏の終りのハーモニー / 安全地帯
  6. 夏の終わり / 森山直太朗
  7. シナプスの砂浜 / Nothing's Carved In Stone
  8. Flowers / Nothing's Carved In Stone
  9. Winter Starts / Nothing's Carved In Stone
  10. Damage / Nothing's Carved In Stone
  11. Directions We Know / Nothing's Carved In Stone

※聴き放題プラン「Myうたプラス」以外のコースでは楽曲がシャッフルで再生されます。

※特集公開時、聴き放題プランの名称に誤りがありました。訂正してお詫びします。

Nothing's Carved In Stone「Listen with」レギュラープログラム最終回
放送日:2018年9月19日(水)19:30~21:00

インタビュー

世の中に面白い音楽がたくさんあることに気付いてくれたら

──今回のプレイリストの選曲テーマは「村松拓が選ぶ好きな邦楽」でしたが、幅広い年代の楽曲を再生されていましたね。

年齢を詐称してるんじゃないかってコメントもありましたけど(笑)、最近は昔の曲を含め自分のルーツになっている音楽を聴くことが多くて。それを僕と別の世代の人に聴いてもらえたのはうれしかったです。

──チャットでは入門編として曲を選んだとおっしゃっていました。

村松拓(Nothing's Carved In Stone)

みんなに伝わりやすい曲を選びました。普段自分で聴くプレイリストを作るときは流れを考えて“全曲4番”みたいな組み方はしないんですが、今回は1曲1曲をしっかり聴いてもらって、その中で気に入ってもらえる曲が1つでもあったらいいなと思ってそうなるように選曲しました。

──ユーザーの反応はいかがでした?

ロックをやってる人がこういう音楽を聴くんだって思ったんじゃないかな。特に若い子は。世の中には面白い音楽がたくさんあるということに気付いてくれたらいいですね。

──前回の「Listen with」では村松さんのルーツである音楽を洋楽中心で紹介されていましたが、今回再生された邦楽もルーツになっているのでしょうか?

そうですね。THE BLUE HEARTSさんの「少年の詩」は僕が初めてライブハウスで演奏した曲だし、「路上のルール」などの尾崎豊さんの曲は中学生のときに先生に勧められて聴き始めました。どちらも世の中に反発していくアティチュードを歌っていて、僕が日々のフラストレーションを音楽で解消していくことになったきっかけかもしれません。

──カウンターカルチャー的な姿勢に影響を受けたと。

ナッシングスも反骨とは言わないですけど、オルタナティブなことをやっていると思うんですよ。ただメロディがきれいで若い子に伝わりやすい音楽を作っているわけではなく、自分たちのそばにあるリアルなものを表現していて。

──なるほど。プレイリストに米米CLUBの「sure danse」が入っていたのが印象的だったのですが、こういった大衆寄りのポップスも聴いて育ったんですか?

もちろんです。僕が十代の頃はテレビ番組全盛の時代で。「ミュージックステーション」などの音楽番組は欠かさず観ていたし、J-POPや歌謡曲はよく聴いてきましたね。

──今回のプレイリストは男性アーティストの曲ばかりなのも面白いですね。

女性ボーカルのバンドの曲も選ぼうと思って、最初JUDY AND MARYさんの曲を入れてたんですよ。でも十代の頃に聴いていたほかの曲を入れたくなっちゃって。曲数の制限もあったので、残念ながら今回はあぶれちゃったんです。

「うたパス」および「KKBOX」のアプリから参加できるソーシャル機能。有名人やアーティストが自身の楽曲のほか、影響を受けた曲や好きな曲などを再生し、ファンはその音楽やプレイリストをリアルタイムで聴きながらチャットを楽しむことができる。

Nothing's Carved In Stone
「Listen with」レギュラープログラム最終回

放送日:2018年9月19日(水)19:30~21:00

最新曲から懐かしい楽曲まで聴き放題の定額制音楽配信サービス。月額500円の聴き放題プラン「Myうたプラス」に加入すると、好きな楽曲を毎月10曲ずつ保存することができる。また約4000種類以上のプレイリストやさまざまな会員特典も利用可能。登録日より30日間は月額情報料が無料となる。

村松拓(Nothing's Carved In Stone)の
プレイリストをうたパスで聴こう

Nothing's Carved In Stone
(ナッシングズカーブドインストーン)
Nothing's Carved In Stone
2008年に生形真一(G)が在籍するELLEGARDENの活動休止を機に、日向秀和(B)、大喜多崇規(Dr)、村松拓(Vo, G)と結成。2009年2月に初ライブを行い、5月に1stフルアルバム「PARALLEL LIVES」をリリースした。同年夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」などの大型ロックフェスに出演。毎年オリジナルアルバムを1枚リリースするなどコンスタントに作品を発表。2018年2月に9枚目となるアルバム「Mirror Ocean」を発表。10月7日に東京・日本武道館で結成10周年ライブ「Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN」を行う。
ライブ情報Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN
2018年10月7日(日)東京都 日本武道館