すとろべりーぷりんす「すとろべりーすたーと」 PR

すとろべりーぷりんす|個性豊かな6人が声を合わせる「すとろべりーすたーと」

すとろべりーぷりんすが3月27日に初のミニアルバム「すとろべりーすたーと」をリリースする。

すとぷりは、さとみ、ジェル、ころん、ななもり。、莉犬、るぅとの6人からなるユニット。2016年6月よりインターネット上で“歌ってみた”動画の投稿や、ゲーム実況の配信などを通じてさまざまなファンを獲得してきた彼らが、初のCD音源として8曲入りのミニアルバムを完成させた。音楽ナタリーではメンバー全員にインタビューを行い、レコーディング時のエピソードや彼らの今後の目標などについて話を聞いた。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 竹中圭樹(D-CORD)

得意なことは威圧

──まずは1人ずつ自己紹介をお願いできればと思います。

すとろべりーぷりんす

さとみ ゲーム実況や“歌ってみた”の動画をネットにアップロードしているさとみです。昔、お芝居の勉強をしていたこともあってゲーム実況でも読み上げるように話すのが得意ですね。担当カラーはピンクです。

るぅと るぅとと申します。音楽に関する活動が多くて、カバーはもちろんオリジナル曲を歌うこともあります。担当カラーは黄色で、グループの癒し役ですね。

ジェル え、なんでそんな嘘付くの?

ななもり。 どちらかと言うと、ちょっと腹黒いですね。

るぅと みんなはこう言ってるけど、ホントは癒し系なんですよ!

ころん 青色担当のころんです。普段はYouTubeとかで料理系の配信を……。

さとみ やったことねえだろ!

莉犬 カップラーメンは作ってたよね。

ななもり。 ちょっとお調子者で、ゲーム実況をメインに活動してるのがころんくんですね。

ころん はい。よろしくお願いします。

莉犬 イメージカラー・赤の莉犬です。歌を中心に活動しているんですけど、得意というわけではなく、好きだから歌をやっています。好きな音楽のジャンルは特になくて、かわいい曲だったらかわいく歌いたいし、カッコいい曲だったらカッコよく歌いたい、何かに縛られずに面白いことがやりたくて動画をアップロードしてます。アニメのような映像も作っていて、声優的な活動もやっています。

莉犬

ななもり。 紫色担当のななもり。と申します。僕はみんなのまとめ役です。

──何か得意なことはありますか?

ななもり。 威圧……ですかね。

莉犬 怖い怖い。

ななもり。 みんなから組長って呼ばれることもあります。

ジェル 最後は僕ですね。すとぷりのオレンジ担当、ジェルです。僕は人を笑顔にするのがすごく好きで、ゲームや歌などのジャンルに囚われずに面白い動画を作るのが好きです。るぅとくんほどではないけど、ちょっとだけ作曲や作詞もやってます。何かに特化してるわけではないですが、いろんなことで人を楽しませようとしているので、エンタテイナーと言われています。

ころん え、自分で言ってるだけでしょ!

ジェル あはは(笑)。

ななもり。 本当にジェルくんは多才で、なんでもできちゃうんですよ。

集まることで大きなことに挑戦できる

──すとぷりというグループの結成のきっかけは、どういうものだったんですか?

ななもり。 僕がみんなを集めたのがきっかけですね。それぞれ動画を使った活動をしていたわけですが、個々人の活動だとなかなか多くの人に届けられないという歯がゆい思いをしていて。みんなが集まることでより面白い活動ができて、いろんな方に楽しんでもらえるようになると思って、声をかけてみたんです。

さとみ 自分のやりたいこと、伝えたいことがあるのに、それを多くの人に届けるにはどうしたらいいのか、1人では全然わからなかったんです。だから僕は声をかけてもらってすごくうれしかったですね。

ジェル うん。「大きなチャンスがきたぞ」って思いました。

──すとぷりは、特定のカテゴリに縛られていないところが特徴だと思います。

ななもり。 僕ら以外にもグループで動画を作ったり、配信をしている人たちはいますが、好きなものが共通している人たちで集まっていることがほとんどなんですよね。僕らは趣味も特技もバラバラで、だからこそ集まることでより大きなことに挑戦できるんじゃないかなと思っていまして。

ころん 「100時間リレー生放送」とか、1人で活動してたら絶対にやらなかったような企画にも挑戦できたよね。

ななもり。 例えば僕は、すとぷりとして活動するまで“歌ってみた”動画やゲーム実況に関する知識がまったくなかったんですけど、莉犬くんやるぅとくんにミックスのやり方を教えてもらったり、さとみくんやころんくんにゲームの録画の仕方を教えてもらったりして。メンバー同士で得意なことを教えて刺激を与え合えることは、すとぷりのいいところだと思います。

──多岐にわたる活動の中で、グループにとって音楽はどういう位置付けのものなんですか?

ななもり。 数ある活動の中のどれか1つを特別扱いしているわけではないんですが、音楽は普段言葉で伝えられない思いを伝えられるものだと思っています。歌詞を書くことができるるぅとくんやジェルくんだったら、曲にそのまま思いを込められますし、カバー曲を歌うときも視聴者の方々へ思いを伝えられているかなと。

るぅと それと、やっぱりライブは特別な活動ですね。どんなに回数を重ねても緊張しますし。

るぅと

莉犬 僕らはインターネットを通してリスナーさんと交流していますが、やっぱり再生回数や書き込みだけでは、実感できないことがあるんです。ライブをやれば応援してくれてる皆さんが目の前に集まってくれる。「活動しててよかったな」と、一番感じる瞬間ですね。

ななもり。 セットリストや演出をすべて自分たちで考えているので、観ていただいた皆さんに喜んでもらえると達成感があるんです。

──さまざまな活動をしてきた中で、逆にまだ挑戦できていないことってありますか?

ななもり。 「やりたい」と思えるようなことはだいたい挑戦できていて、唯一実現できていなかったのがCDリリースだったんです。「すとろべりーすたーと」は僕らにとって念願の作品ですね。

すとろべりーぷりんす「すとろべりーすたーと」
2019年3月27日発売 / STPR Records
すとろべりーぷりんす「すとろべりーすたーと」

[CD] 1944円
STPR-1000

Amazon.co.jp

収録曲
  1. パレットダンス
  2. Endless Flight
  3. 非リアドリーム妄想中!
  4. でこぼこげーむぱーてぃー
  5. すとろべりーごーらんどっ
  6. AquaKiss
  7. はりーはりーらぶ
  8. 大好きになればいいんじゃない?

イベント情報

すとろべりーぷりんす「すとろべりーめもりーvol.7」
  • 2019年4月30日(火・祝)千葉県 幕張イベントホール
    START 15:00 / OPEN 16:00
  • 2019年5月1日(水・祝)千葉県 幕張イベントホール
    START 14:00 / OPEN 15:00
すとろべりーぷりんす
すとろべりーぷりんす
さとみ、ジェル、ころん、ななもり。、莉犬、るぅとの6人からなるユニット。2016年6月の結成以来、各メンバーがそれぞれ“歌ってみた”動画の投稿や、ゲーム実況の配信など、動画共有サイトを中心とした活動を展開している。「すとろべりーめもりー」と題したライブイベントを定期的に開催しており、2018年12月には東京・両国国技館で6回目の公演「すとろべりーめもりーVol.6」を成功させた。2019年3月にオリジナル曲で構成されたミニアルバム「すとろべりーすたーと」をリリース。5月には千葉・幕張イベントホールで「すとろべりーめもりーVol.7」を開催する。