SHERBETS「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」 PR

SHERBETS|4人が生み出してきた20年間の宝

SHERBETSが10月24日に結成20周年を記念したベストアルバム「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」をリリースする。本作はCDのみの通常盤、CD3枚とDVDをセットにした初回限定盤の2形態で発売され、通常盤には厳選された14曲と新曲「Yesterday」を収録。ディスクごとに初期、中期、後期に分けられた初回限定盤のCDには、メンバーがセレクトした41曲と新曲「愛が起きてる」が収められる。音楽ナタリーではメンバー4人へインタビューを実施。20年間の歴史を振り返ってもらいつつ、ベストアルバムについて話を聞いた。

取材・文 / 今井智子 撮影 / 岩佐篤樹

音楽はタイムマシン

──今回、なぜベストアルバムを作ろうと思ったんですか?

浅井健一(Vo, G) 今年で結成20周年だから、活動の区切りとして出そうという話になって。

──20周年を迎えるにあたって、前からそういう構想を持っていたんですか?

浅井 ベスト盤を出そうと考えてたけど、3枚組になるとは思ってなかったね。

──通常盤は1枚ですけど、初回限定盤は3枚組の大ボリュームですね。本当はもう少しコンパクトにまとめる予定でした?

浅井 そうだね。でもまとめ始めたらちょっと曲の量が多すぎて、3枚組にしようというアイデアが出てきてさ。そのほうが初めてSHERBETSの音楽に触れる人にもたくさん曲を聴いてもらえるし。

──3枚は初期、中期、現在という感じで内容が分かれていますが、以前同じようにSHERBETSの曲を3期に分けてライブをやったことがありますよね。そのときの経験を下敷きにしてベスト盤を作ったんでしょうか?

浅井 少しは関係あるのかもしれないけど、正直そのときのことはほとんど忘れてた(笑)。

外村公敏(Dr) うん。すっかり忘れてた(笑)。

──自然に3期に分ける形になったと。膨大な作品群から選曲する際に何か基準みたいなものはあったんですか? 思い入れのある曲を選んだとか。

浅井 それはメンバーそれぞれだね。最終的にみんなからいろいろ意見を聞いてまとめて。試行錯誤しながら曲順を決めて、結果的にこの形になってよかったと思ってるよ。

外村 みんなそれぞれ意見があるから、俺が入れたいと思ってた曲が外れてもまあ仕方ないかって(笑)。

──これはどうしても入れたいという曲はなかったんですか?

浅井 それはもちろんあったよ。でも4人の作品だから、そこは話し合って決めました。

福士久美子(Key, Cho) これは入れたいなという曲はだいたい入っていて、SHERBETSらしいベスト盤になったかなと……。初めてSHERBETSの曲を聴く人にわかりやすい内容になってるし、聴いていると進化を感じる。

浅井 そうなんだよね。バンドが進化してる。

仲田憲市(B) 最高だよね。

浅井 よくこれだけ曲を作ってきたなと思うし、俺は一番新しい曲が入ってる3枚目が好きなんだわ。それはバンドに可能性があるってことだから、うれしいことだね。

──まだまだバンドに未来があると。

浅井 昔の曲もいいんだけど、未熟なところがいっぱいあって。年をとって四十代、五十代に作った曲では、そのときにしか生まれてこないであろう音楽がちゃんと表現できてるから、すごくいいことだなと思う。

福士 ベスト盤を作るにあたって今までの曲を聴いていたら、そのときどきの出来事が思い出されてきて……たまには過去を振り返って、これまで一生懸命やったことを思い出すのも素敵なことなのかなって音源を聴いて感じました。そのときにしかない大事なものがあると思うし、自分にとっても曲をベスト盤としてまとめられたのはよかったですね。

浅井 音楽はタイムマシンだからね。

──名言ですね。

浅井 そういう過去を振り返れる音楽をたくさん作って来れて、本当によかったなと思う。メンバーと相性がいいから、クリエイティブな力が自然と湧くんだよね。もちろん曲は俺が作ってきたんだけど、練習場で音を出すとお互いに反応しあってミラクルが起こるんだよ。それがエネルギーになってきた。

SHERBETS

お客さんは幸せ

──SHERBETSはもともと浅井さんのソロプロジェクトとして始まったんですよね。

浅井 そう。さっき思い出した(笑)。

──忘れてたんですか(笑)。1996年に浅井さんのソロ名義のSHERBETとしてスタートして、1998年に現在のバンドスタイルであるSHERBETSになりました。

仲田 バンドという意識が100%はっきりと出てきたのは、アルバム「SIBERIA」(1999年7月発表)のときくらいからかな。

──そうなんですね。

仲田 今まで11枚アルバムを作ってきたのかな。日本ってアルバムが売れて話題になっても、Pink Floydの「狂気」みたいに長い間売れ続けることってないじゃない。ライブでもそのアルバムの曲をやらなくなるし、聴かなくなる。ベスト盤は今までのアルバムを改めて聴くきっかけにもなればいいなと思います。

浅井 そうだね。ほとんどのバンドにとってアルバムは発売したそのときのものでしかないもんね。自画自賛になるけど、SHERBETSの場合は「Natural」(2005年3月発表の5thアルバム)がいいっていう声がいまだに聞こえてくるけど、それはすごくうれしいことだし、本来あるべきことなんだよね。忘れ去られるのは寂しすぎる。

外村 お客さんは幸せだと思うよ。SHERBETSはまだ活動してるバンドだからライブで曲を聴けるし、新しいアルバムも出る。すごい名盤があっても死んじゃってライブで曲を聴けないアーティストもいるからね。うちらはちゃんと生きてるし、リアルタイムでライブを観れる。

SHERBETS「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」
2018年10月24日発売 / アリオラジャパン
SHERBETS「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」初回限定盤

初回限定盤 [3CD+DVD]
4860円 / BVCL-914~7

Amazon.co.jp

SHERBETS「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」通常盤

通常盤 [CD]
2700円 / BVCL-918

Amazon.co.jp

初回限定盤CD収録曲

DISC 1

  1. HIGH SCHOOL
  2. アンドロイドルーシー
  3. カミソリソング
  4. Black Jenny
  5. シェイクシェイクモンキービーチ
  6. グレープジュース
  7. はくせいのミンク
  8. 三輪バギー
  9. トカゲの赤ちゃん
  10. ジョーンジェットの犬
  11. 人がわからないよ
  12. シベリア
  13. 38 Special

DISC 2

  1. Rainbow Surfer
  2. トライベッカホテル
  3. サリー
  4. A GUN
  5. わらのバッグ
  6. 見知らぬ橋
  7. Baby Revolution
  8. 夢見るストロベリー
  9. Hippy Junky Surfer
  10. KODOU
  11. Iceland Boy
  12. フクロウ
  13. Mrs.Shelly Crown
  14. 小さな花

DISC 3

  1. 愛が起きてる
  2. ひょっとして
  3. STRIPE PANTHER
  4. Michelle
  5. Crashed Sedan Drive
  6. リディアとデイビッド
  7. COWBOY
  8. Another World
  9. LADY NEDY
  10. これ以上言ってはいけない
  11. GREEN
  12. Stealth
  13. New Ruby Tuesday
  14. 星空の方があったかい
初回限定盤DVD収録内容
  • LIFE JACKET -HISTORY OF SHERBETS-
通常盤CD収録曲
  1. Michelle
  2. HIGH SCHOOL
  3. STRIPE PANTHER
  4. ひょっとして
  5. Rainbow Surfer
  6. グレープジュース
  7. リディアとデイビッド
  8. わらのバッグ
  9. Baby Revolution
  10. 星空の方があったかい
  11. Stealth
  12. Black Jenny
  13. 君の肩にふれて
  14. Yesterday
ツアー情報
20th Anniversary Tour 2018「8色目の虹」
  • 2018年10月27日(土) 福岡県 DRUM Be-1
  • 2018年10月28日(日) 広島県 広島セカンド・クラッチ
  • 2018年11月2日(金) 長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
  • 2018年11月4日(日) 宮城県 仙台MACANA
  • 2018年11月8日(木) 大阪府 Music Club JANUS
  • 2018年11月9日(金) 愛知県 伏見JAMMIN'
  • 2018年11月11日(日) 北海道 Sound Lab mole
  • 2018年11月14日(水) 東京都 TSUTAYA O-EAST
SHERBETS(シャーベッツ)
SHERBETS
浅井健一(Vo, G)、福士久美子(Key, Cho)、仲田憲市(B)、外村公敏(Dr)からなるロックバンド。1996年に浅井のソロプロジェクト・SHERBETとして始動し、1998年にSHERBETSが結成された。1999年にシングル「High School」、1999年にアルバム「SIBERIA」を発表し、その後も精力的にリリースを重ねる。2002年から2005年まで一時活動を休止したが、2008年に結成10周年を記念したライブベストアルバム「SHERBETS GREATEST LIVE in TOKYO」を発売。2016年1月には11枚目のオリジナルアルバムである「CRASHED SEDAN DRIVE」をリリースした。2018年10月に結成20周年を記念したベストアルバム「The Very Best of SHERBETS『8色目の虹』」を発表し、同月から11月にかけて全国8都市を回るライブツアーを開催する。