さよならポニーテール「君は僕の宇宙」 PR

さよならポニーテール|川崎純情小町☆宮内桃子の体験!さよポニワールド

さよならポニーテール × KAGURA × 宮内桃子

宮内桃子

KAGURAとは?

株式会社しくみデザインが開発した、AR技術を用いて演奏する新世代楽器ソフトウェア。今年1月にアメリカ・アナハイムで開催された世界最大級の楽器ショー「The 2018 NAMM Show」で発表され、KAGURAの演奏に特化したMac / Windows対応のアプリ「KAGURA Player」が無料でリリースされた。「すべての人に演奏体験を」をコンセプトに開発された楽器で、パソコンとカメラがあればアプリをインストールするだけで演奏が可能。画面上にAR技術で投影されるマークを操り、ゲーム感覚で演奏が楽しめる。また「KAGURA Pro」(5万4900円 / 499ドル)ではKAGURAを使った楽曲制作も行える。

宮内桃子、さよポニ「摩天楼と臨界点」のKAGURA演奏にチャレンジ

  • KAGURAの演奏にチャレンジする宮内桃子。
  • 画面に表示される色とりどりのマークに触れると音が流れる仕組み。

楽器演奏の経験がほとんどないという宮内は、恐る恐るノートパソコンの前にスタンバイした。演奏するのは、さよポニの最新アルバム「君は僕の宇宙」に収録された新曲「摩天楼と臨界点」だ。事前にスタッフのデモプレイ動画はチェックしていたものの、実際にKAGURA Playerに触れるのはこの日が初めて。動作確認を兼ねて何度かプレイしてみたところ、宮内はすぐにコツをつかみ、撮影カメラの存在を忘れて演奏に没頭していた。

  • 黙々とKAGURAを演奏する宮内桃子。
  • 徐々にKAGURAの演奏に慣れてきた宮内桃子。
  • 手首をくるっと回して銅鑼の音を鳴らす宮内桃子。
  • KAGURAのコツをつかんで夢中で演奏する宮内桃子。
  • 踊るようにKAGURAを演奏する宮内桃子。
  • 優しくタッチするようにKAGURAを演奏する宮内桃子。
宮内桃子

KAGURA体験を終えて

シンプルだけどクセになりますね。画面を見ながら丸いマークを叩くんですけど、実際にはそこにないのに触れているみたいな感じがして、気持ちよかった! ARで映像を観たことはあったんですけど、遊ぶのは初めてで。ARのゲームとかは酔うって聞いてたんですけど、KAGURAは酔わないし、長時間楽しめそうです。本物の楽器は学校くらいでしかやったことがないので、初演奏です(笑)。やっぱり自分が好きな音楽に合わせて演奏するのは楽しいですね。体が自然に揺れてきて。最初は「間違ってもいいや」と思ってやってたんですけど、だんだんできるようになってきたら「負けたくない」みたいな気持ちが湧いてきて(笑)、何度もやっちゃいました。